診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秒速と無料の情報化に驚く

すこしずつフランス語を習っているが進歩はカタツムリのようだな

学生時代同級だった人が東大の文学部から受験しなおしてきた人がいて
プルーストのような小説を書きたいと行っていたっけ 昨年まで母校の准教授だったが
フランス旅行をしてレストランに入ったときメニューが読めて注文できるまで習おうかとしたのが間違えだった
大変な労力です

ヴァレリーの海辺の墓地などようやく読めるところまで来たかな

最近はなぜかロンサールという詩人に興味がでている
日本ではあまり文献もないのでフランス文学者の領域を読んで探し出している
井上究一郎というひとはプルーストもロンサールも訳があるので
文集を図書館から借りだして読んでみる

今年はシチリアに行ったことがないので
そのなかにモーパッサンのシチリア旅行記があることを知る
さて原本や和訳はあるんだろうかとamazon.frやamazon.jpで調べると古書の放浪旅行 La vie errante というのがそれにあたるらしい

フランス版にアクセスするともやは電子版しかないらしい
しかしなんと無料である
amazon.comにアクセスしkindleをdownloadし la vie erranteを無料で?買ってみる
なんとパソコン上にその本が存在している

多大な苦労とお金をかけて書籍を得るのはずがほんの一瞬であった
情報化と無料化が文化の拡大に計り知れない貢献をしていると思われる
びっくりした

ところで香港に行くと無料のWifiが飛び回っている
上海に働く若い友人が帰国して田舎に帰ると
無料のWifiが存在しない この国はガラパゴスだと嘆いていた

何かに遠慮しているのか無料化が怖いのか
情報化に大事な無料化をこの国はどこかに置き忘れてきているようだ
情報化もおぼつかないだろうとげんなりした
写真は香港のとあるホテルのジャグジーにひとりはいり赤ワインを傾けていい気持ちになっている男です
残念ですがわたしではありません(笑)
c0156217_9332583.jpg

[PR]
by italofran55 | 2013-02-19 09:34 | 社会ねた