診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0156217_10483572.jpg
写真はプロの写真家 テニス仲間の大塚佳男氏の作品

このところ 芸能人夫妻の離婚訴訟がけっこう報道されている

やじうま精神科医としてはさっそくそうなんだなーと分析してみよう

夫は顔を見るのもいやだといい 妻は骨を看取り合う仲になりたいといい
結婚がうまくいくだろうといい しかし 夫婦げんか中の音声を秘密に録音してインターネットに流してしまっている

別れたい夫にとっては余計に不信感が増し、ストレス度が最高に高まる言動のように思える

妻がわは どうも夫側の言い分からするとけっこう依存性が強い人のように思える
しかしこの依存というものはけっこうくせ者で攻撃性が裏に潜んでいることがある

依存ー攻撃性 受動ー攻撃性ともいえる
現在 夫はこの愛情を装った攻撃性に大いに悩まされているようにみえる

夫の父は有名な俳優でキャスターだった
アルコール依存を表明していたが、典型的なものではなく
根本に双極性障害があるとおもわれる

夫が酒と睡眠薬がないと眠れないと言うことは
興奮を抑えるために行っていると思われるが
余り賢明なこととは思われない

もう一つは美しい女優で賢婦人であった母の影響下から脱していないように見える
夫は母への依存から妻への依存の移行に失敗した

それはおそらく妻の側も依存したい性向が強かったからと思われる
妻の側がかなり受け入れるタイプであったら
ここまでこじれなかっただろう

問題は妻がこの訴訟というものにある種の攻撃性の対象を見つけているように見えることである
彼女の母は自殺しているそうである

この訴訟はいつか終わる 早く終わることを願うが
そのとき対象を失った彼女の精神状態が
もっと不安定化することは容易に予測できる
[PR]
by italofran55 | 2012-06-03 10:43 | 社会ねた