診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

よいお年を

私のブログを読んでくださっているかたに
お礼と 新年のご挨拶を

駄文につきあっていただきありがとうございました。
医学の進歩とともに 病気も薬剤も増えていきます

それにわたしたちがあたふた対応しているのに
実際は素朴な健康感覚が薄くなっている感じもしています

disease mongeringー疾病を作り出す という新しい現象さえうまれていると
ある 精神科の教授さえ訴え始めております

たしかに うつ病はあったとしても 抗うつ剤さえなかった時代がほとんどでした
でもこのように多かったのかなとも疑問に思います

疾病と薬剤はパラレルのようにも見えます
疾病が増えれば、対応する技術も増えていきます
より複雑化していくのです
それはやはり避け得ないことだとも思われます

もっと大事なことはいろいろな病気に自分を当てはめることではなく 健康感覚を探してみることでもあるのではないでしょうか 

それは自分の時間というkey-wordがひとつの要素でしょう

よい時間を過ごしている
時を忘れる
時間に追われている
時間のたつのが長い 苦しい
時間が早かったり遅かったりする
せっかちである いつもおくれぎみである

など時間と精神状態は意外に密接な関係を持っています

そんなこともお話ししてみましょう 

では、来年もよろしくお願いいたします。
c0156217_20411779.jpg

[PR]
by italofran55 | 2011-12-31 20:41 | 医学

future is wild

c0156217_2354498.jpg
amazonでおもしろそうな、安い本を買うのが密かな趣味である
中には1円というものもある、amazon参加の古書店はどこで儲けているのだろうか?

送料でもうけているのかという推理もあるが、それはおいておこう
人間がいなくなった世界 という本がおもしろそうなので検索すると

future is wild という目にも鮮やかな未来の動物のCG満載の本が安く売っていた
いまも13円ででている

2億年後の世界の、想像上の動物が緻密に現前するがごとく描かれている この本は安い!

読んでもおもしろいのだが、読み進むうちに複雑な気持ちになってくる

気候変動によりもちろん人類は滅亡している、この気候変動は周期的に何回も繰り返されている
科学的な根拠がある 人類にとっての一番の脅威はじつはこれだろう

そして大陸も移動して 巨大な新パンゲア大陸も出現するという
大陸は常に動いているのだ

想像もできない多様な動植物が いままでのように適応と突然変異でうまれてくるらしい

しかし、ここで、原子力発電所や核のゴミを考えてみよう

世界中にばらまかれてしまった
膨大な核のゴミをどこにしまうのだろう
最近もフィンランドの地層の奥深くに10万年しまうという映画があったが

地表はいつかしらずしらす、大きく隆起したり沈下したりしていくのだ
そのとき地下の核のゴミの収納施設はものすごい力で破壊され

放射能は何千年にもわたり漏れ、地下水をも汚染するだろう
とくに地表面積あたり地球で一番の日本列島の汚染は想像を絶し
生物の絶える土地になるのではないか

2億年後の生物は残念ながら、この本の通りにはならないだろう
人類の気まぐれで生まれたプロメテウスの火があらゆる生物に甚大な影響を与えてしまう

人類のほんの少しがノアの方舟で宇宙に逃げ出して行きー神話が再現される 

そんな悪夢をみたくないものだ
[PR]
by italofran55 | 2011-12-22 17:27 | 社会ねた

うつと対象

c0156217_1948695.jpg


うつの場合は 対象を喪失したときに起こるものがひとつのタイプとして知られている

対象を大事に育ててきた場合は余計に症状がひどくなるだろう

急に対象を失った場合は患者さん本人がそれをわからないこともあり、症状の出方もいろいろなパターンとなる

もともと対象がうまく育っていない人もいるし

なんらかの原因で対象の存在するエネルギーが枯渇して
喪失というより消滅している人もいる

(写真はサルデニャ島の フェニキア人の町の遺跡 紀元前2000年から3000年らしい
 フェニキア人はこのような島の突先に島を作り土地の人たちと交易をして海洋文明をも伝えていったという
機を狙ってはその占拠する土地を広げていった海洋都市国家の先駆者、その後裔にはブラジル生まれの
レバノン人 フランス育ちで日本の国際企業の会長となったゴーン氏などがいる、脈々とその血が流れているのだろうか)
[PR]
by italofran55 | 2011-12-15 10:34 | 医学

あなたの対象 

人には対象とともに生きています

または自我 (という近代が生み出した不思議な思惟機能) には対象がいります

対象そのものが、実は思惟行為であるという、(自我はいらない)という説もありますが


簡単に言うと、人はーなにかをもとめる、指向性の集合体、ので、誰かーなにかが必要なのです

誰かが、豊かな人間関係を持つか、または豊かな人に変えるのは、じつはあなたやあなたを育ててくれた人間環境ですが

それ以降、平均的な人間関係を作るには、あなたがよき対象に育てられた後、

逆に

よき対象を徐々に形成、醸成していかなくてはいけません

つまりあなたは、育てられる人から育てる人になるのが動物の一生なのらしいのです

ところが、育てられる、愛されるというところで

なぜか止まってしまう状況が出現することがあります



c0156217_2244745.jpg

(写真はrotondaー円形の建物です、ローマ時代のキリスト教公認以降の時代に建てられたもののようです
不思議な円形の建物です。わたしはこんなRのかかった建物がなぜか好きです。この建物の不思議さは
じつは、戦争の時に防御にいいように建てられているという説があります。上部に小さな窓しかないのがその証拠らしいです。内部にはふるいキリスト教の世界が広がっています。不思議でしょう?)
[PR]
by italofran55 | 2011-12-05 21:40 | 医学

AKBと高速消費社会

AKBが、テレビでも電車の中でも出まくっているので
さすがのわたしも、顔を覚えてきた

しかし、やはり、名前までは知らないし、いろんな子が出たり消えたりしているな
日本人はアイドルまで集団が好きなんじゃろか

これは、とっても簡単で、すばやいものが好きな現代日本を象徴しているのか

どこといって角のない顔、どこかで聞いたような一瞬の音楽らしきもの

逆のものーとても個性的でオリジナルなものが出てきたら、ある一部の人には受けるだろうけれど
たちまち、消費されて、または拒否されて消えてしまうのではなかろうか

おそらく、そこを巧みに避けて商売を成り立たせているのだろう

今の政治家もAKBのように、特徴がなく、次から次へと役者は現れるが
ほとんど印象に残っていない

しこうして、深いところで、人は知らぬ間に
あらぬ方向に JAPANは変わっていく

c0156217_23453233.jpg
c0156217_23434436.jpg
 
写真は スイス、ボーデン湖のそばにある、ザンクトガレンにあるロココで有名な修道院
そこ自体は写真禁止でした、なかに身長180cmくらいのものすごい美女がいました
日本人だったらゴルゴ13くらいしか ものにできないでしょう(笑)
[PR]
by italofran55 | 2011-12-02 23:41 | 時の話題