診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏は、佐久平駅で降りてレンタカーを借りて
八千穂高原や 八ヶ岳高原に向かう

何年か前から、佐久平にある中込学校や五稜郭に似た城跡ー龍岡城があるとのことで
車で巡ったことがあった

中込学校はすぐわかり
そのあと、城跡に向かった

野沢という宿場の近くを走っていると
城跡らしい 明らかに掘りに囲まれた古跡があった
ここが龍岡城の跡かと回っていると
となりに鄙にはめずらしい、門前の出店のある
立派なお寺があった

しかしそこは龍岡城ではなかったので
すぐに八ヶ岳に向かったのである

それからほとんど毎年佐久平を通り
龍岡城も訪れた

ところがはじめに見た城跡と賑やかなお寺がどこかわからなくなったのである
毎年 佐久平を走ったがついぞ見つからない

そのうちにあれは私の思い込みで
幻想だったのだろうと言うことになった

佐久平のほとんどの神社仏閣をみてまわったので
佐久の歴史には詳しくなってしまい
望月という不思議な街をすきになってしまった
佐久平は奈良時代やその前から 牧という
軍事用の馬を産出していたところで
今で言えば巨大な軍需産業があったようなものらしい

ところで忘れていた城跡やとなりのお寺に
偶然であったのである

それはやはり野沢という街の城跡とぴんころ地蔵という
その辺では有名な場所であった

ところがその城跡が私の記憶と微妙にずれているのである
これなのか、べつにあるのか?

ここで記憶が絶対的に残存しているものなのかーデジタルの記憶のように
または 人の記憶は主観的 主体的に書き換えられているものなのかという
神経心理的な主題にぶち当たる

現在では記憶は書き換えられているー少なくとも呼び出したときに
感情的色彩を帯びると言う見方が主流となっているという

私が見た城跡は、先ほど述べたぴんころ地蔵のとなり城跡なのだろうか
それとも千曲川べりにあった古い神社を城跡と勘違いしたのだろうかと
考え込んだのだ

疲れていたので書き換え可能な程度の記憶になってしまったのだろうか

記憶が書き換えられているとすれば
われわれの同一性はどの様に
担保されるのか?考えてみた

おそらく書き換えの方法、手順が平均的であり安定していることが
同一性の基準となる

書き換えの方法が狂ってくることにより
認知障害ー呆け
ある種のパーソナリティ障害
もっと敷衍すれば
精神疾患 妄想 気分障害などがでてくるのかもしれないと
とめどなく考えている

記憶と同一性については、しばらく追求してみよう

c0156217_021170.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-06-16 23:37 | 医学

不思議な教授

写真を見ると 髪がぼさぼさで 逆立っている
度の強い丸めがねをかけ
いっけん、病気のような感じも受けるが
えも言われない愛嬌がただよう

愛知医科大精神科の教授 兼本祐浩さんである

てんかんのことでよくでてくるし
フロイド全集も第1巻を訳していたり
精神病理にも詳しい

幅が広くて、どんな人なんだろうと
思っていたところ
パキシルやラミクタール といううつの薬を出している
グラクソというメーカーから 講演会があるのできませんかというお誘いを受け
好奇心が強いので出席をした

てんかんのお話であったが
まことに簡潔で要領を得て
博識で、臨床のこつに満ちた
すばらしい講演であった

ひとがらは、予想したとおり
ユーモア、博愛、研鑽、といった学者の本随を表すような
ひとであった

出かける前に 兼本祐浩で検索すると
イマーゴという雑誌に書いていた
論文集に出会う

もともと広い興味を持つ人ではあろうが
生物学的医学としてはてんかんの研究が専門
ふつうはその対極にある心理学にまで範囲を広げる医師は
まずいない

また詩人でもあり詩集も2冊出している
一冊をもとめた、届くのが楽しみである

論文は
てんかん性のもうろう状態とヒステリー(解離性)のもうろう状態との
異同を、医学的ー器質ー機能的観点と
     精神分析的観点から
     追求しておられる
1920年代のドイツ精神医学界では、てんかんのもうろう状態を
かなりの興味で分析的観点から見ようとしていたというのだ
左手に精神分析 右手に実証的てんかん学
中央にそれらをまとめるべく、トポス、存在論などで
まことに深遠な論文であった

氏はおそらく、30数年前より
精神症状と身体症状のつながりに興味を持ち
そのころは古典的ヒステリー論より出立することが多く
氏の異様に幅広い医学的出発点は ドイツ留学も含め
この辺にあったのだろうと
納得した次第である



c0156217_10453091.jpg
c0156217_10482543.jpg
[PR]
by italofran55 | 2010-06-06 10:39 | 医学