診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ようこそ こどもの国へ

神戸の新長田駅前に 鉄人28号の実物大の人形?を作る計画があるという
個人的なファンとしては
深夜 人気のないところで動き出すのを祈ってます

お台場のガンダム 実物大も大変な人気らしい

亀戸駅前には、こち亀の 両津巡査の銅像があると聞く

足利の町には いたるところに 相田みつおの 人生詩?の表示をした
モニュメントが建っているらしい


町に決定的に深みがないな
街のシンボルがこんなんばっかでいいのかな

都市の歴史がヨーロッパとは違うしな と
かなり びっくりしますね

そういえば、外務省もカワイイ というkey wordで
世界に理解を得たいとチームを発足させたと聞きました

高度な大人の世界のゲームにおいて
わたし、かわいいでしょ?はインパクトをもちうるんでしょうか

ひそかに軽蔑の的にならないのかなー?

しょうがないかな
こどもの国だから

渋谷とかほとんど子供の集まる都市は
日本と韓国でしか見たことないな
c0156217_16532174.jpg


自分も子供だし
渋谷も近いから
よく行くから

人のことは言えませんね

日本古来の文化が
立派な大人の文化であることは
いうまでもありません
[PR]
by italofran55 | 2009-08-30 16:53 | 社会ねた

ダブル デプレッション

うつ病には、本当の重症で治療が必要な、大うつ病ーmajor depresion というものと
それには至らない いろいろな軽症のうつ状態があるーminor depression

昔は、それを抑うつ神経症とよんだり、抑うつ親和性パーソナリティ障害 と名づけたりしたが


最近は軽症のものをまとめて気分変調性障害とうつ状態を伴う適応障害障害などと診断することが多い
それが、なんらかの機制で大うつ病になったものを
ダブルーデプレッション double depressionとよぶ

そのような病態の人は多い
うつの極期には、抗うつ薬を大量に与えられていることが多く
そのような状態で、東京以外から紹介されて転院されてくる患者さんもいる

しかし、ある問題がある
大うつから改善して軽微なうつ状態のときに
それほどの薬が必要であるかという問題と

大うつの背後に隠れていた
パーソナリティの問題に対する
治療の方針である

一見大うつを示すであろう
パーソナリティ障害としては
境界性ー情緒不安定型
自己愛性
演技性
依存性
強迫性
回避性
など多岐にわたり
一見のうつ状態を示す

パーソナリティ障害の薬物療法については
エビデンスの定まったものがない

抗うつ薬ーSSRIが効果があるという意見が多いが
わたしには大量投与ー長期はあまり意味がなく
危険とさえ思える

都立松沢病院でパーソナリティ障害の権威となった
林直樹先生も抗うつ薬は副作用のほうが多いと述べられている

情動の不安定さを特徴とする疾患においては
脳内の伝達物質の環境も
激しく変化していると考えられる

そうした意味では
抗うつ作用の前に
基礎的な抗不安作用で
まず落ち着いてもらうことが先決のように思える


向精神薬ーとくに非定型を少量とか

気分調整薬を中心にとの意見ー産業医大の中村教授からは直接お話を伺った
などがある

抗うつ薬自体が禁忌という意見さえあったほどだ

また、このいろいろな小量な薬物の組み合わせで何とかやっている事例が多いだろう

精神内界の混乱、痛みに直接接している患者さんたちは
本当に大変なので
精神内界をぼやかしてくれるような薬剤には
反応しがちであるし
量も多く求めがちとなる

あるパーソナリティ障害のひとたちは
依存形成の傾向が強いということが
いわれている
そうならないように注意しているし

紹介されてかなり多いなと思われる患者さんとは
よく話して抗うつ薬の減薬を指導することが多い

あとは、その患者さんの不安に応じて
気分調整薬などで対応する

ボーとしている感じが取れて
むしろ改善することが多い

ただ私のところでは
重いパーソナリティ障害の治療は治療構造上できないので
お受けしていない

薬物療法でよくならないことが多ければ
むしろ心理療法の適応のほうが
有効と思われる
c0156217_11285540.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-08-16 11:11 | 医学
むかし、わたしのマンションの駐車場で 夜中になると
古いイギリスの車にもぐりこんでレストアしている
すてきな伯父さんがいた

車の話は好きなので、程なく友達となった
東大の理工系をでた2代目
最先端企業のオーナー会長で趣味人であるーただし酒はのまない

自動車、ヨット、モーターボート、別荘
うらやましい生活だ
スーパーサラリーマン金太郎といったひとが
たまに現実には存在するなー

今回、バブル崩壊時に安く仕入れたという 700坪 テニスコートつきのところに始めてお招きに預かった

ガレージは3台分あり、1台分に高価なオーディオがおいてある
なぜか? 奥さんが大音響が嫌いだから

古いレストアしている車とパジェロがおいてある

庭にはちいさなアトリエ用の小屋とブランコ
まさに男の遊び部屋である

その小川を隔てた隣に

むちゃくちゃいろんなものを詰め込んだ
雑多な別荘があった

夜 蛍が見えるよということで
夕方 お邪魔する

池には、川鱒や岩魚が泳いでいるー顔がわかるのでもう食用にはならないとのこと
井戸を掘って小川を流しカワニナで蛍のえさとして

高原植物や野菜も作っている
テントも張って、ただで近くの別荘族やらが来て
お茶を飲むようになっている

一見、がらくたの塊 ほったらかしのパラダイスであるが

詳しく見ていると男の遊びに満ちている
ものすごいエネルギーをつぎ込んでいるらしい

お隣同士であるから
気持ちはやはり近いのかもしれない

夜に蛍を見せていただいた後
ガレージでpavorotti and his friends のCDを聞く
私は結構酔っていい気持ちだ
会長は素面でいい気持ちとなっていた

今度は、佐島においてある
アメリカで買ってフォードのエンジンに乗せ変えた
大きなモーターボートに乗ろうという話になった

会長は買い物上手なので
新品は買わない
いわくつきをうまく仕立てるのである

どんな船なんだろう?

c0156217_21461289.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-08-10 20:00 | 旅行

robotizedな日々

朝は6時半に目が覚める
イオングループが低価格商品の小さなスーパーを作ったので
昨晩買っておいた、100円の低脂肪牛乳とコフィーを混ぜて飲む

フランス語のラジオ会話を昨日分、ネットで聞く
そろそろ体が目覚めてきたな

夏だから、白金のpropsというおしゃれな自転車屋で買った
ルイガノでひと汗かきに出かける

ここらへんは走っている外人や金持ちが多いなーなんだろな脂ぎってるなー
また不況はバブルにおきかわるんだろうな
c0156217_22404637.jpg

自動車にひかれないように、わざとのろのろ走ろう
というより脚力が弱っていてスピードがでないんだ

最近朝方だなー、1日が長いけど10時には眠くなる

血圧は110と70かまあいいな
少し中性脂肪が高いが正常範囲だ
ワインを減らそう

そうだ金魚にえさをやらなくては
テニスの朝錬はきついな

日曜日もレッスン受けたし

こんな日記をつけていて
思い出した
昨週もまったく同じことしか起きなかった
[PR]
by italofran55 | 2009-08-02 22:40 | 医学