診察室の窓から


by italofran55
カレンダー

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

生まれ変わりと永劫回帰

フランスで暇つぶしに買ってきた小説を少し読んでいる
guillaume mussoの
seras-tu la? というもの

30年前の自分に出会い、そのどちらかが数奇な人生を歩んでいくという
いわば 時間軸ものですね
アメリカ映画は1年に一本くらいこの手のものが出ますね

著者もフランス人なのに、舞台はフロリダとカリフォルニアとなっています
いずれ映画化を狙っているのかな

アメリカの時間軸物で
精神分析医が美女を分析しているうちに
殺された修道女の生まれ変わりであって
その美女を救う、というようなもので
とても好きでした
精神科医がそんなにかっこいい仕事であったらうれしいんですが

また、筋を忘れた頃に見るのが楽しみです

わたしのclientに 

先生 生まれ変わるとしたらという話題になりました

そうねー 南イタリアの金持ちの息子なんてどう?とこたえると

今度生まれかわるときは 先生はいい目にあわない順番だといってました
わたしがいい目にあっているとでも思っているのでしょうか?

では、あなたは?とたずねると

宗教をしていて、かなり悟った段階なので
生まれ変わりはできないそうなんです

天上界で不老不死ですごすーけっこう、苦しいのでは?
三島由紀夫に天人五衰という小説もありますね

天上の人さえも、衰えて死んでしまうというのです 怖いですー

三島は永劫回帰や生まれ変わりの話が好きな人でした
わたしが読んだ彼の小説の中で
傑作と思うのは
絹と明察 というものです

父を表したと思える企業オーナーと、
労働組合の若き代表との戦いです

若い人は父を打ち破り、企業の経営者になります
彼は、分別のある、父に変身して
世の常識を代表し
変革を忌避していく人間となっていくのです

ギリシアの物語にもある永劫回帰を
三島なりに日本的に書いたものでしょうか

彼は、退屈は死よりも怖いと述べています

永劫回帰は彼の恐怖の対象、成熟できないか、拒否した彼にとっては
必然的に玉砕する相手だったのでしょう

見事に退屈から逃げようとした彼は
あのような死を遂げてしまいました

しかし永劫回帰にとっては死は生であり
生は死なので 何をしても同じなのです

彼は退屈から逃れられたのでしょうか

永劫回帰という言葉には、同じことを繰り返すという
罰の意味が含まれている感じがしますね

あなたもまったく同じ人生を送れといわれたら絶望するのではないでしょうか

そうそう、さきほどの彼女
今度生まれ変わるときは
南の島の猫になりたいといってましたっけ

おやおや、あなたはもう高い段階の人なので
面白いものに生まれ変わりできないんですよ?

先生は今生でいい目にあったので
次回は蚊に生まれ変わるとの予言をいただきました

そうですね、それも面白いかもしれませんc0156217_22284374.jpg
[PR]
by italofran55 | 2009-01-29 22:17 | 文学

まことちゃんハウス

この家、どこかでも見たことあるんですね

長野の富士見高原です
やはりウメズかずおさんの別荘らしかった

緑の森の中で
けっこう、赤白のストライプは素敵でした


こんかい、吉祥寺の住宅街の中に変な家建てたと
訴訟起こされていましたが

周りの家を見たら
なんのことはない
醜悪なアパートでした
借り手が少なくなると困るんで
訴訟したんでしょうね

ただ隣にたっていたら
うめずかずおの怖いシリーズの
女性がかみ振り乱して
飛び出してきても不思議でないなー

でも、うめずさんの家のほうが
いってしまうと
なぜかbritishに感じてしまうんですね

日本のツーバイフォーとかの住宅は、貧乏くさくしか見えないんだなー
c0156217_2335329.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-28 23:34 | 社会ねた

冬うつをなおす

精神科の外来ばかりしているのは
かなり大変である

暖かいころは少し
診察の合間に散歩をしていたが

しだいに間食に走り始めたので
余計に疲れることとなった

去年の夏くらいから
自転車に少し乗り
(私の買った自転車屋さんは
ルイー・ガノ中心のお店だが
とても素敵なご主人である
痩躯長身で偶然高輪のテニスコートでもあった
目黒、植物園そばのプロペラという店だ)

そのうちにテニスも再開した
すると冬の気分の落ち気味、朝の起きにくさ
寒がりが ふっとんでしまった

すこしうつと、最近はすぐに Tシャツ 一枚になれる
風邪も引かないなー

おそらく感染した状態を助けてしまう 活性酸素を
血流がよいので
流してしまうためだろう

冬のうつには
やはり 少し激しい運動をお勧めしよう

ただし副作用がある
ワインがおいしくなりすぎますね

もちろん、南に旅行もいい
うちのclientさんにも
かならず南の島に行く人がいる

温度も高く、日光も十分なので
しばらくはもつそうだ

c0156217_2114640.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-27 21:13 | 医学

不安とうつの関連

不安ー抑うつ状態 という診断はむかしよくつけたものである

しかし、診断ー治療をデジタルで管理しようというこのごろの流れの中で
・・状態は許されなくなり、
ICD-10という国際分類を召請される厚生行政の中にあって
次第に死語となりつつある

それはいいことでもある

では不安と抑うつの関係はどうなのか
簡単にいえば、不安はさまざまな精神障害に先行しているといえるであろう

急激に発症する統合失調症、うつ病にはおそらく
強度の不安、一見表面に現れない不安が先行している
一般の不安と違いそれらは
精神病的不安とも言われるが

前駆期とも言われる時期に
実は仔細に観察されうるものなのかもしれない

うつ病もある、消耗の時期があるであろう
それは不安期とも言ってよいであろう

不安が古代は人の群れのレーダーであった時期があり
食物の過剰摂取が飢餓への備えであったときに
高血糖は適応能力をむしろ現していることであったように

現代においてその行き過ぎた表現型は
高血糖ー糖尿病となり

過剰な不安ー統合失調症となっているのかもしれない

では、不安ー抑うつの先行は不安であろうか

抑うつ状態の薬物的治療は現代においては
アドレナリン、ノルアドレナリン、セロトニン、神経細胞間隙における増加を目指している

ところが不安を解消しない限り
この戦略は失敗に終わることがありうる

不安の精神薬理学においては
GABA-ノルアドレナリン系の過活動
セロトニン系の過活動が理論上指摘されうるからである

不安を解消しない限り
ノルアドレナリン セロトニンといった神経伝達物質の増加を図る活動は
どこからかこぼれていってしまう可能性があるのである

このことによって
私たち精神科医が

先行して不安を解決するーそれは薬だけの手段ではなく
環境調整や 休養 不安への対処方法の開発によって
不安解消の必要性が
患者ー治療者complexに要求されるのである

不安を解決しないままにうつ状態の解決に失敗し
むしろ悪化させることは
よく知られたことであろうと思われる
c0156217_052326.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-26 00:05 | 医学

携帯化する自動車

日本の自動車は、どこのメーカーに乗ってもほとんど同じ
目をつむってのっていたらわからない

toyotaの不況は一時的なものか
そうではないか

携帯電話が高機能化し 飽きられ
どこのもの同じとなったときに
とつぜん携帯不況がやってきたように

自動車の携帯化が進んでいるとしたら
値段が低くて機能が同じだったら
そちらに流れるような社会情勢であったら

toyotaの不況や、日本の不況は
一時的なものでなくなる可能性があるかなと思う

最近狭い東京を走る大きな車を見ると
いちにのさん のあほに見えるのは
わたしが
フランスに侵されているせいか?

あの広い大地で
走っているのは、
圧倒的に日本で言えば
ビッツクラスなんだよね
c0156217_23183899.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-23 23:17 | 社会ねた

知的ワイン空間

三茶のワイン関連の店はdeepである
しっている店長もiかなりinteligentだなー

きょうは三茶のclientが教えてくれた店によった
wineはbioでそれなりにfreshでコクガあった
しかしbio-wineの好きな人たちが
タバコももくもくなのはどーして?

料理は安くおいしい

となりにirelandからきた女子大の先生がいた
店長は何気にamerican englishで話していた
ヨーロッパの修行ではないといっていた

助手は太い黒縁のめがねをかけたコヤヤシ少年と
なんか美女であったが
見事に店長の意を汲んで仕事をしていた
こんなに若くて仕事のできるやつが現代にいるの?

irishとはワイン会をする約束をして別れた
c0156217_2254061.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-22 22:47

痴呆の親をみる子の生活

日本人の老齢化に伴い
わたしのクリニックにかかる
認知症の老人は増えているし、末期癌の患者さんも増えている

仕事をやめて、認知症の親の面倒を見るというお子さんがけっこういるのも
驚きである

たまに往診にいく

日当たりのいい部屋で、口や手を絶え間なく動かしている
瞳はきょとんとしてかわいい
老人の表情は不思議に個性がなく似てくる

出産して必死に赤ちゃんの面倒を見た
お母さんが、こんどは
立派に成人した赤ちゃんに世話を見てもらう番だ

還暦だから、赤ちゃんに戻るわけだ

赤ちゃんというより、ゴリラの赤ちゃんに近いですよと
その女性は言う
何か見えるのか ときどき
空をいじっている姿もゴリラに似ているか

感謝をこめて、老いた母と暮らしている
母はその貴重な献身の意味を知らない

不機嫌になったり、てこずらせたりして
子供に迷惑をかける

ありがとうね お母さん
やさしいドラマが毎日繰り返される

壊れていく人格と、無垢な人格
c0156217_20281289.jpg
の二つに割れているひとに
付き合いながら
[PR]
by italofran55 | 2009-01-17 20:24 | 医学

神の雫 と reality

神の雫のテレビ版を見たのだが

あまりにrealityはない
逆に言うと realismでつくろうとすると
膨大なお金がかかってしまうし
亀はあわんわな

混沌や不整を日本文化の売り物にするのは
日本の現代写真家がよくやる手ではあるが

のだめカンタービレや 花より男子の一連の
テレビも、televi-watcherの ひまこき医師としては
one-patternと感じる

複製技術時代の逆を取って
ヘタウマで番組を作ろうとしているのか

ベンヤミンは複製技術時代に失われる直接性を
auraと表現した
それは てんかん用語でいえば
てんかんの前兆で個体としての人の身体が
擬似的死をむかえ大地自然に帰る感覚である

かれは現代複製技術におけるauraの喪失を概観していた

日本のテレビ状況にもauraの喪失があるのだろう

かたや われわれは
realityとvirtualityの境目の喪失の時代に生きる

virtual技術の進化により
auraは曖昧化し
c0156217_0254197.jpg
身体感覚はなくしたauraを確かめるかのように
writ-cutや無意味なmurderを呼びおこす

神の雫のreality-lossはわれらの時代の
文化状況と無縁ではない
[PR]
by italofran55 | 2009-01-16 00:23 | 時の話題

2006 ムートン

いいワインは たまに、知り合いのドクターに飲ませてもらっている
感謝である、ドクターはほとんどブルゴーニュである

今年のムートンのプリムールのartは
かのフロイドの孫という

絵はへたうまというか、かなりひどいかな

精神分析の創始者のお孫さんの解釈とすれば
c0156217_21305637.jpg女性と男性のペニスを表しているのか?

ボルドーは最近強くて飲めなくなったが
これも飲みたくないかなー
[PR]
by italofran55 | 2009-01-14 21:31

被害感と被害妄想

あなたが、繰り返し会社でしかとされていたり
苛められていたりする

会社に行くのは怖くなりますし
行くことを想像すること

実際に行って、会社でいすに座っているときも
不安になりますね
それは、妄想ではないでしょう
でも・・・

ある、自分が責められている、または、マイナスの思考に埋められてしまう
これは、被害感覚でしょうね

妄想ではない   実際に経験したのですから

ある既婚の女性が、浮気をしていたことがある

何ヶ月かして
警察や、交番に自分のことが全部ばれていると
わたしのところに訴えてきたとしますね

それは被害妄想なんだろうか
妄想形成はあるけれど
まったくないこととは捉えられないんですね

妄想というより、
なにか小心なよい人が絡んで出てきているようで
微笑ましくなってしまいますね

罪悪感から妄想らしき物語が
紡ぎだされる事もよくあるんです

妄想にも、何か言い換えられた物語がありますね
直接にある感情を出せない奥ゆかしさが
ある別次元の表現を持って
語られることもあります
c0156217_23402624.jpg
[PR]
by italofran55 | 2009-01-08 23:22 | 医学