診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:時の話題( 5 )

c0156217_1933038.jpg





豪州オープン マリーとは残念な結果だった
松岡修造が例によって もう半歩はしれ 100%以上の力を出せ と力んでいたのだが

素人向けにしゃべっていたのだろうか?
もう半歩走る前のショットが甘いので こちらの体勢を崩されるところに打たれてしまう
走らされてしまう要因もあるとみる

彼はラリーを続けるタイプだからと マリーもいっている
プレースタイルは世界の一流に読まれて
さんざん走り回されていたのではないだろうか

世界一になるプレーヤーが拾いまくっていたという印象はない
むしろ相手を走らせる そんなふうにむけて欲しい

100%を超えた力を出せというのも

8割から9割5分くらいで十分でなかろうか
世界ランク3位までいった伝説のプレーヤー 
佐藤次郎氏は26歳の若さでマラッカ海峡に投身自殺をしてしまっている
選手生命を長く我々を楽しませて欲しい

報道にも疑問を感じる
ベスト16でやっとこさ勝ったのに
相手を撃破 と威勢がよい
 
英語で行くと defeat crush demolishらしいが
辛勝レベルと思われる しかも3勝中 2回フルセットまでやって
疲労困憊しているはずである

それなのになぜか伊達とダブルスまで出ている
おそらく スポンサーか協会側の依頼を断れなかったのではないか

マリーに歯が立たなかった試合は
己を貫いたとある
書き方がが戦争時の報道みたいである

もっと報道を、一方的な肩入れでない
深みのある内容にしてもらいたいと思う


最近 田園調布にある有名なお宅が取り壊されていた
その広大な屋敷はなかにテニスコートが2面在るということらしかった
マンションになってしまうんだろう

基本的な日本のスポーツ環境の貧しさの
象徴のように思える

錦織さんのもちろん大ファンである
日本のスポーツ報道がもっと
大人になって真に
興味のわく方向に導いて欲しいものだ
[PR]
by italofran55 | 2012-01-26 19:15 | 時の話題

寒い夜に

寒くなってきました ある温度以下になると散歩もする気になりません

冬うつですか(笑) しかし診察していて 季節性感情障害 冬期うつが多いという感じは受けません
ほとんどいないとおもいます
そりゃそうです、関東はフェーン現象のおかげで 冬はけっこう日差しがあるんです
部屋の中は暖かいし

冬期うつ病で有名なのは 北欧です、日光が決定的に少なく、またむかしはセロトニンなどを作り出す
食生活になっていなかったのです
タイなど東南アジアにはたくさん、ドイツや北欧から白人がきています。日光を求めているのでしょう

日本では東北のある県が冬期に自殺率が高いので有名です。
裏日本や東北の冬は吹雪いて日光は少なく、温度も低いのが影響しているのでしょうね

わたしですか?はい 好きなものがあって体を温めています

さいきんは外国のオークションで古いポートワインをしいれました
日本で買うよりかなり安いです

これをちびちびやりながら
広いリビングの
暖炉の前でギターを弾くのがなんともいえないじかんです

弾ける曲ですか? 1曲だけあります
イーグルスのデスパレードです

だんだんいい気持ちになってきました
これがぼくの冬うつの治療法なんです

おっとこの話の中には
自分の夢が半分くらいはいっています

酔っているのであしからず
c0156217_20305434.jpg

[PR]
by italofran55 | 2012-01-07 20:31 | 時の話題

AKBと高速消費社会

AKBが、テレビでも電車の中でも出まくっているので
さすがのわたしも、顔を覚えてきた

しかし、やはり、名前までは知らないし、いろんな子が出たり消えたりしているな
日本人はアイドルまで集団が好きなんじゃろか

これは、とっても簡単で、すばやいものが好きな現代日本を象徴しているのか

どこといって角のない顔、どこかで聞いたような一瞬の音楽らしきもの

逆のものーとても個性的でオリジナルなものが出てきたら、ある一部の人には受けるだろうけれど
たちまち、消費されて、または拒否されて消えてしまうのではなかろうか

おそらく、そこを巧みに避けて商売を成り立たせているのだろう

今の政治家もAKBのように、特徴がなく、次から次へと役者は現れるが
ほとんど印象に残っていない

しこうして、深いところで、人は知らぬ間に
あらぬ方向に JAPANは変わっていく

c0156217_23453233.jpg
c0156217_23434436.jpg
 
写真は スイス、ボーデン湖のそばにある、ザンクトガレンにあるロココで有名な修道院
そこ自体は写真禁止でした、なかに身長180cmくらいのものすごい美女がいました
日本人だったらゴルゴ13くらいしか ものにできないでしょう(笑)
[PR]
by italofran55 | 2011-12-02 23:41 | 時の話題
文句は 別れの言葉じゃなくて

再び行くための 近い約束ー(訳します ひろこ)

ランチおやじは昼に車で移動することが多いので
車を駐めてランチができるところがうれしい

碑文谷の木曽路なんかは
もう何年行っているのか!

10年以上前からいる
若くて初々しかった
仲居さんも
大人の魅力となった

私とはもう目を見るだけで
何を言っているかわかる仲だ(なんだそれ?)

たんにお互い歳をとったと言っているだけなんだが

私の好みは
すき焼き定食の普通、昔は1200円だったが
なぜか、アメリカの狂牛病以来、急に1400円となっている

昔は平気で、大を注文しており
かなり反省なく太っていたが

寄る年波で普通を頼んで楽しんでおる

ところが近くに旗の台に木曽路ができ
喜んでいってみたところ
デフレの影響か
すき焼き定食の普通が1300円だったのだ
うれしー

ところがまた碑文谷店にいくと
すき焼きの普通はやはり1400円ではないか

ここでランチおやじは
躊躇なく
なぜ100円だけ旗の台店より
高いのかと質問してしまったのである

仲居は奥にいってマネージャーとこそこそ相談しており
その後私のところにきて
向こうの店よりは肉の質が上でございましてとの説明であった

それを聞いたランチおやじは
大変満足して
ランチに使うくず牛肉を思う存分満喫し

例のなじみの仲居に
またくるぜと
winkして、若い頃の高倉健のように
碑文谷店を後にしたのであった

注)ランチおやじは昼が濃いため
  夕飯はさっぱりで過ごしております
  念のため(?)


c0156217_22454587.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-02-03 16:09 | 時の話題

神の雫 と reality

神の雫のテレビ版を見たのだが

あまりにrealityはない
逆に言うと realismでつくろうとすると
膨大なお金がかかってしまうし
亀はあわんわな

混沌や不整を日本文化の売り物にするのは
日本の現代写真家がよくやる手ではあるが

のだめカンタービレや 花より男子の一連の
テレビも、televi-watcherの ひまこき医師としては
one-patternと感じる

複製技術時代の逆を取って
ヘタウマで番組を作ろうとしているのか

ベンヤミンは複製技術時代に失われる直接性を
auraと表現した
それは てんかん用語でいえば
てんかんの前兆で個体としての人の身体が
擬似的死をむかえ大地自然に帰る感覚である

かれは現代複製技術におけるauraの喪失を概観していた

日本のテレビ状況にもauraの喪失があるのだろう

かたや われわれは
realityとvirtualityの境目の喪失の時代に生きる

virtual技術の進化により
auraは曖昧化し
c0156217_0254197.jpg
身体感覚はなくしたauraを確かめるかのように
writ-cutや無意味なmurderを呼びおこす

神の雫のreality-lossはわれらの時代の
文化状況と無縁ではない
[PR]
by italofran55 | 2009-01-16 00:23 | 時の話題