診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旅行( 20 )

重電子機器装備旅行兵

10年間の旅行と比べると 電子機器 IT化が格段と進んだ感がある 
それが旅行の趣を増したかと言われると
おそらく便利で早くなったからということはそれに寄与はしていないだろう
島崎藤村や永井荷風が長い時間をかけてマルセイユに乗り込んでいった時代の趣も濃さという点ではうえではなかろうか

10年前はカメラも初歩的な電子カメラかあるいは銀塩だったかな
携帯も持って行かなかったな
前回の電子機器と来たら デジカメ2台 ビデオ 携帯 国際WIFI マイクロソフトのsurface 充電機器各種
もちろんすべて使いこなす時間自体が大変で
しかもレンタカーのなかにビデオは置いてきて おそらくレンタカーの掃除担当ががめたのか出てこなかった
保険でお金は返ってきたが思い出は帰ってこなかった

だからいきあたりばったりでいいのだとも思う

プロバンスの旅行でカシスという町がとても好きだが
その帰り高速でなく地図上では緑の太い線の引いてある道を通ってマルセイユまで帰った
遠かったが偶然マルセイユの南端でコルブジュの集合住宅を見ることができた

コンクリの打ちっ放しの嚆矢であまり好きでないなーと写真では感じていたが
実物を見ると日本のコンクリの打ちっ放しとはまったく違う素材感 存在感 デザインという言葉では表しきれない精神性が漂っていた

とにかく巨大でふんだんにコンクリを使っているので
日本のコンクリによくある塗った感覚が無く
まるで石を組み合わせたような迫力がある

しかも建物の中の通路も町のように広く大きい
モチーフは汽船とも言われるが私にはエジプト風にみえた

ある貫かれた芸術性の中に住居する喜びがあるであろうと思われた

フランスの生活の豊かさー鷹揚さ 日本も土地は余っているのだから見習ったらいいと思うが
それでだいぶゆったりする

実物を見てコルブジュの大きさを実感した

昨日 テレビでフランス語のなかでこの一角を中古で購入したフランス女性の
編集者が出ていて懐かしくなにか羨ましかった

引退したらマルセイユ近郊のカランクの小さな村に住むのが
現在の夢である c0156217_22441787.jpgc0156217_22425945.jpg
[PR]
by italofran55 | 2013-11-22 22:47 | 旅行

フロイトのイタリア

c0156217_2222654.jpg友人がブログの更新がないとのおたっしで なにを書こうかと 考えていまして
昨日あたりからふっと頭に浮かんできたのがこの本です

このところフランスは行き過ぎていたのがイタリアに興味が移り
帰国して図書館で片っ端からイタリアという名前のつく本を検索していて
であったのがこの不思議なタイトルでした

京都大学の美学美術史の教授 岡田温司氏の書いた物です
京大関連は結構 分析おたくというか フロイトだいすきな才人というか 天才肌が多い

フロイトとイタリアというと あんまり関係なさそうである
一般的に言うと ウィーン・オーストリア ロンドン・イギリス が思い出されるが
この本は微細にかの国へのフロイトの愛と禁制と接近を描き出す。

なぜこのように書けるのかというと
フロイトの書簡と日記と著作と、弟子たちの似たような膨大な記録があるからであろうと思われるし
それはゲーテのイタリア紀行のフロイト版のようにもみえる。

岡田氏の本はまことに精神分析の鮮やかさを患者ー症状でなく 人間ー文化ー美術の分野で描き出し
精神分析の諸教科書よりその本態をえぐり出しているかのごとくである

さまざまなインスピレーションを与えてくれる岡田氏の著作、とくにこの本の中で
でてくるフロイトの著作の中で不思議な題名の物がある
岡田氏が無意識に読むように薦めている感じさえする

モーゼという男 というもので
それも読んでみる

ユダヤ教の中でモーゼは不思議な位置を占めている
代々の血統を述べているのに 彼は出てこない
だが その教えは教義の根本を形成している

かれは何者なのか?
壮大な推理小説を読んでいくように
フロイトは謎を解き明かしていく
シャーロック・ホームズみたいだ かれもユダヤ人か? 名前からして

モーゼはユダヤ人ではなく
エジプト王族の王子と推定している

世界で初めての一神教 アトン教の熱烈な信者だ
アトン教は初めて 愛と自己犠牲をうたった宗教と言われ
その創始者がじつははじめての意識的な世界人ー個人ともいわれる

多神教であったエジプトに一神教が生まれ
争いが起きる

国が乱れたときに王子の一人であるモーゼが
シナイ半島の地方の総督となり
その奴隷たちに一神教を強制する
神に選ばれし人民である

そこから現代の源ともいえるユダヤ教
ユダヤ教を父として克服したキリスト教が生まれていく

モーゼが始めた実験からである
モーぜはその後40年の放浪の後に
カナンの地にたどり着き
そしてなんと自分の精神的な子供である
ユダヤの貴族たちの殺されたというのである
ここにもエディプスコンプレックスがあるとでも言うように

いろいろな逆転がうまれている
ユダヤ人にとって許せないのは
モーゼがエジプト人であったという説であり
それはエジプト側からもいえる

何という始まりと結末で
何という壮大な物語であろう

これが科学でなくても
第一級の推理小説にして神話ではないか

フロイトのイタリアと モーゼという男を 読み終わり
私は不思議な感動におそわれる

フロイトはモーゼに自分を擬しているのではないかー無意識にしろ
人は誰かを描き出すときに自分を参照しないことがあり得ようか
 
精神分析という危険な教義をひっさげヨーロッパの中世精神世界を打ち破るために登場し
多くの弟子を育て誹謗中傷の中で膨大な仕事をし
ナチスに追われロンドンで死す

弟子には反乱され、多数の宗派がその後発生するが
教祖としての地位は精神ー心理世界においては
モーゼに匹敵するだろう

岡田温司氏の著作は濃い
時間があったら精神科医にとって自分をとても豊かにしてくれる
深さがある 全部読んでしまいたいものだが

日常に追われつい
現代風の精神科医のための便利本を読んでしまうのだ。

わたしにとっては精神分析は患者さんに適応するものではなく
一般人間心理 文化を解き明かすときに
重要な鍵となり得る物である

それは魅力と困惑を思い起こさせる
危険な両刃の心理的メスである
[PR]
by italofran55 | 2012-04-17 21:38 | 旅行
シンガポールへ行くと 様々な人種や 言語が飛び交っている
町はイギリス人が造ったらしく壮大な都市計画からなっているため
緑が多く 道は広くしかも抑揚に富む
東京23区の広さと同じとは思われぬ空間の余裕に満ちている
東京は郊外が広いにもかかわらず狭小な感覚であるのは
都市造りの根本的な知恵がないのと
空間の縦方向の小ささによると思われる

ペラカニアン文化というものがある
中国からの商人がマレー半島に移住し
その後中華帝国から商務官が派遣され
皇帝の王女が500人の配下を引き連れ
マレーの王子の元に輿入れして
中華系のコミュニティが発展し始める
同じようなコミュニティはインド系 インドネシア系 などにもみられる

そしてその代表的なものは中華系であり ペラカニアンといわれる
華麗な文化を発展させる

その薄い色合いの多彩なものは日本の渋好みとはまた別の
洗練を示す 同様な文明程度の発達を表している

シンガポールの歴史に興味を持ち始める
以下続く
c0156217_22374776.jpgc0156217_22364331.jpg
[PR]
by italofran55 | 2012-02-17 22:37 | 旅行

こんなん夕飯です

c0156217_16214293.jpg仕事でちょっとエアで出かけました
予算の都合もありエコノミーです
夕飯はこんな感じです

夜中便なので搭乗前にラーメン食べて正解でした
ダイエットに協力してくれる航空会社です(笑)
ワインも飲んだことない不思議な味でした
古くしたガソリンをうすめたような
CAさんは最高に愛想がよく出てくる食材は?で
さすがに日本の会社の経営力の凄さを感じました
[PR]
by italofran55 | 2012-02-14 16:06 | 旅行

タイムマシーンに乗って

c0156217_22434316.jpg

[#IMAGE|c0156217_22434316.jpg|201110/26/17/|mid|500|375#
(写真は ドイツとスイスの国境にあるボーデン湖ー境湖 の町リンダウにあるバイエルン国のつくった港)

何十年も前、私は田舎にある由緒深き本陣の息子の家に遊びに行った。

私たちは、若く、世間知らずで、夢に満ちていた。

本陣の別邸に彼の勉強部屋があり

夜になると谷の入り口の深い漆黒の闇に覆われたその部屋の中で
将来のことや、おそらく現在への不満や、どこかへ出発しようということを
語り合っていたのだ。

私たちはどこかにたどりついたのだろうか

それから何十年もたって、久しぶりでその友と谷を訪れることになった。

人生にはいろいろ決定的な選択の時や、突破の時がある
それにより、あらぬ方向に人生は進み始める

そのころのわたしね とふと考えてみる

何十年も前の私に、今の私はいろいろと話してみたい
しかし、突然現れた不思議な中年のおっさんのいうことに

若く自信に満ち、エネルギーでいっぱいの青年は
おそらく耳を貸さないことだろう。

そう わたしは不遜で自分自身のことしか信じていなかったのだから

そうだった、わたしは君にお説教はやめよう

そして
君はがんばったのだと
そのとき君は君で一生懸命だったのだと伝えよう。


あと何十日かで
わたしは、あの谷の入り口を訪れる
わたしはあの青年に会うことができるのだろうか

あの青年に会いたい
いやわたしはきっとあの青年にあえるに相違ない。
[PR]
by italofran55 | 2011-10-26 22:26 | 旅行
c0156217_9365630.jpg
塩原温泉の川べりでわき出る源泉が紹介されている
いい湯だなー
しかし ちょっとまてー
それを覆っている一面のコンクリートはなんだー
それしかないのか
しめっぽい、かびがはえる、ほどなくボロボロになる

ふと、サルディニア島でみた、フェニキア人の町の遺跡の跡を思い出す
紀元前800年前
エジプト中近東の文明の伝え手としての
フェニキア文化はまさに
ギリシヤ ローマ文明の先駆けを表している
ローマの遺跡のほとんどすべてがフェニキアンの町にみられる
代表的なものは公共浴場

それは地中海産の石灰岩をコンクリートで張り合わせている
集団でガイドの説明を受けていたときに
コンクリート?かと質問してもなんのことやらわからぬようである

どこぞの外人がセメントとつぶやいていた
そう セメントは石を張り合わせてたものだ


南の明るい海の面している公共浴場
もう3000年前にならんとするのに
その魅力は深く現代人をとらえる

セメントは古代からあった接着剤だ

塩原温泉や日本のそこらじゅうにみられる
耐えがたいコンクリートの建物は
日本現代のやっつけ仕事の象徴である

本来主体でない接着剤を
建築の基本剤としてしまう
しようがないけどね
ただ明治の人は西洋の真似をして
手間をかけてレンガ造りをしていた

そこには、時間をものともしない丁寧な仕事ぶり
それこそ人を感激させる何ものかが
根源的に欠如している

わたしが日本の風景に決定的に
絶望するなにかは
その丁寧さの欠如ーやっつけ仕事があるc0156217_9351184.jpgなのだろう
[PR]
by italofran55 | 2011-07-22 23:09 | 旅行

ドレスデンの王族

ドレスデンは旧東ドイツ 第2の都市である。
何年か前に西ドイツに併合された。
このところ世界遺産を放映するテレビで何度か放映されている

おそらく、統一ドイツが、経済的に遅れた東側の代表的な都市を復興させる目的もあるし
西側の資本も入っているのだろう。
いろいろな見所の多い都市である。

ベルリンから車で入ると、夏と狩りの離宮、サン・モーリッツ城
陶磁器で有名なマイセン アルブレヒト城
ツビンガー宮殿、財宝を集めた緑の間などの宝物殿
爆撃で破壊されその後破砕された石をくみあわせてできた
聖マリア教会

有名な王様はアウグスト2世である
マイセンにて白陶磁器を完成させ
陶磁器だけでできた城を造り
強欲であり、ポーランドの王も貴族を買収して戴冠した

そしてびっくりすることに、354人もの子供をつくったという
強精のひとでもある。
ほとんど認知しなかったというが? 

その子供たちが子孫を作り続けていれば
ドレスデンの市民はほとんど王の血を受け継いでいるのでは(笑)

肖像画を見ると目はあくまで大きく、立派な体格をしている
蹄鉄を手でねじ曲げるくらい力があったそうで 強王とのなまえもあるという

その生涯を通じた活動は、そう的であるともいえるし
てんかん性ー闘志的ともいえる

強欲であり、現世的であり、沢山の女性がすきで、利益を追求したということからは
循環性格ー躁鬱的な性向が強かったと思われる

フランスの歴史を読んでいると
モーリス・ド・ザクセンというフランスの歴史上
6人しかいなかった大元帥の一人がいて
この人が強王の一番目の子供ー庶子という

フランスに誘われて軍歴をあげているうちに
こうなったという、フランスも恐ろしく開かれているということか

この人の孫娘にジョルジョ・サンドがいる
強王の血を引いているのだ

またルイ16世も肖像を見ると眼や体格がそっくりである
母が強王の孫らしい

ヨーロッパの王族はinternationalに混じり合っているのだ

大きな、力強い目玉は優性遺伝だろうか?
日本の皇室はずっと眼が細い
さしもの雅子様でも愛子様のめはお父さん似だ

いつかとても強力なドングリ目玉の血がはいったら
アウグスト2世の子孫のように
目の大きな血統となるのだろうか

c0156217_60015.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-08-19 20:08 | 旅行
あなたが ズラータンという言葉を知っていたら
相当なサッカーファンか スラブ系の言語に詳しい人である
この言葉はほとんどの日本人は知らない

わたしがズラータンという言葉を認識したのは
スウェーデン出身の天才 フォワード
イブラヒモビッチにこの名前がくっついていたからだ

イブラヒモビッチという名前とあの強烈な外観を見れば
かれがスウェーデン出身でないことは一目でわかる
彼はユーゴスラビアのスウェーデンへの移住者の子供である

わたしは中近東系かとおもっっていたが
おそらく当たらずと言えどとおからずであるか

東欧は昔から西部ヨーロッパとペルシア、トルコとの主戦場であり
ムスリム系住民も多数住む

ズラータンというエキゾチックな響きに
中近東をイメージするのも無理はなかろう

ところが最近チェコのプラハを訪れる機会があった
イブラヒモビッチを思わせる風貌の人も多い

そして zlatan prince hotel というのもあった
街一番のボヘミアングラスのお土産屋さんに
日本の淑女がつとめていて
zlatanという言葉をきくと
おもしろい反応があった

チェコは古来たくさんの民族に征服され
苦い苦しみを味わってきました
他民族に大事な言葉がわからないように
あえて、違う言葉を作り出した経緯もあるようです

ズラータン・zlatanという言葉には
たしか、黄金や光といった意味があるのではないでしょうかと

イブラヒモビッチの移民一世の親は
生まれてくる子に、光、黄金という未来の明るい名前をつけたのだろう

zlatanか その言葉は私に特別な意味で
迫ってきた

イブラヒモビッチの技はいまバルセロナから
彼を追い出そうとするスペインの英雄ビジャのそれとは
格の違うサッカーの技である

彼のカンフー仕込みのシュートと
巨大な体躯を利用した戦場を一変させるパスは
ワールドカップでもなかなか見れないそれである

しかし鬼神も衰えるものだ
おそらくいつか
二流のリーグにだされてしまうかもしれない

彼の姿をいつか日本で見ることができたら
日本のサッカーの幸いであるだろう

c0156217_22281959.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-07-17 22:10 | 旅行

プラハ 不安な魂の夜

ドレスデンから車にてチェコープラハにはいる
ドイツ国境からチェコに入ると印象ががらりと変わる

田舎くさい、信州の山のような植生
村の教会は古く壊れかけており、石造りの部分は少ない
高速道路は田舎では途切れている

あちこちに、ブルゴーニュにあるようなちいさな小山が
大盆地の縁に見える、大平原よりかえって空が広大に見える
夕暮れから夜にかけての眺めは壮大なものだろうー田舎にいて見たかったが

プラハに夕刻入り、ホテルを探す
夜空が変だ
空が高く狭い 中世そのままの都市で破壊されていないし
都市部にはユダヤ人が住むことを許されていた
都市は上に伸びるしかない

高い紺青の闇の下に、薄く白いミルク色のもやが、行き交い、広がり、舞う
不安な夜だ
アールデコ調のホテルに入り寝付く
その謎は、翌日解ける

プラハーこの街はどこか不安だ
モラビアからボヘミアという地方だ
この広大な東から中央にかけての広大なヨーロッパの一部にはそもそも
国境を造ることが難しい、古代より、強力な国が放恣にこの地を治めてきた

近くはハプスブルク帝国、独立、ドイツ第3帝国ーヒトラー、ソビエト
そのたびに人は服従しあるいは追放される

その地に生まれながらその地を去らなければならない悲しみ
いつか、この地を去らねばならない不安がこの地に満ちている

最も大きいものはオーストリアーハプスブルク朝における新教とカトリックの闘い
新教の貴族は追放されヨーロッパの諸都市に住むことになる
ボヘミアンの語源の始まりである

昨夜の白い霧のようなものは、さまよう魂であったのでは

プラハそれはそのものがミステリーという有名な作家もいる

カフカをうみムーシャを生んだ街

そしてモラビアはフロイトの父祖が住んだ地方でもある


c0156217_821383.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-07-09 23:41 | 旅行

今年は行きたいな

去年は、日本で出なくてはならない学会が5月に神戸で計画され
新型インフルエンザ騒動で8月に延期となり
ヨーロッパには行けなかった
私は結局 その神戸でウィルス性の風邪にかかったのだが

今年は行きたいな
どこにしようかと計画する時点が
楽しい、機中はどちらにせよ地獄である

初夏のヨーロッパは天国
帰国して時差ぼけの
診察は地獄
地獄と天国を行ったり来たりするのだ
実際はこの繰り返しは歳だから、きついですね

オーストリアからはいってザルツブルグやチロルから中欧

ベルリンからドレスデン プラハを列車などでは
とも考えている

母は医師は長期の休みなどとんでもないと
いう頑固者だが

旅行が唯一の楽しみという
開業医も多い

一番すごい人は
行く前にその国の言語を習っていくのが
礼儀という大学の先輩もいる
ハンガリー語 とか モンゴル語とかきいた

私はフランス語は10年以上
いじっているが、かろうじてむこうでくらせる程度かなー

フランスはほとんどもまわったが
limoge perigor などに
再訪したい

2回目は deja vue を楽しめて
また違った趣があるものだ
c0156217_22382743.jpg
[PR]
by italofran55 | 2010-01-25 18:21 | 旅行