診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:医学( 90 )

不思議な教授

写真を見ると 髪がぼさぼさで 逆立っている
度の強い丸めがねをかけ
いっけん、病気のような感じも受けるが
えも言われない愛嬌がただよう

愛知医科大精神科の教授 兼本祐浩さんである

てんかんのことでよくでてくるし
フロイド全集も第1巻を訳していたり
精神病理にも詳しい

幅が広くて、どんな人なんだろうと
思っていたところ
パキシルやラミクタール といううつの薬を出している
グラクソというメーカーから 講演会があるのできませんかというお誘いを受け
好奇心が強いので出席をした

てんかんのお話であったが
まことに簡潔で要領を得て
博識で、臨床のこつに満ちた
すばらしい講演であった

ひとがらは、予想したとおり
ユーモア、博愛、研鑽、といった学者の本随を表すような
ひとであった

出かける前に 兼本祐浩で検索すると
イマーゴという雑誌に書いていた
論文集に出会う

もともと広い興味を持つ人ではあろうが
生物学的医学としてはてんかんの研究が専門
ふつうはその対極にある心理学にまで範囲を広げる医師は
まずいない

また詩人でもあり詩集も2冊出している
一冊をもとめた、届くのが楽しみである

論文は
てんかん性のもうろう状態とヒステリー(解離性)のもうろう状態との
異同を、医学的ー器質ー機能的観点と
     精神分析的観点から
     追求しておられる
1920年代のドイツ精神医学界では、てんかんのもうろう状態を
かなりの興味で分析的観点から見ようとしていたというのだ
左手に精神分析 右手に実証的てんかん学
中央にそれらをまとめるべく、トポス、存在論などで
まことに深遠な論文であった

氏はおそらく、30数年前より
精神症状と身体症状のつながりに興味を持ち
そのころは古典的ヒステリー論より出立することが多く
氏の異様に幅広い医学的出発点は ドイツ留学も含め
この辺にあったのだろうと
納得した次第である



c0156217_10453091.jpg
c0156217_10482543.jpg
[PR]
by italofran55 | 2010-06-06 10:39 | 医学

対象喪失とうつ病

何かを無くしてしまった
大事な人を喪った など
喪失がうつ病の契機になることはよくあることであり

喪の心理規制がうまくいかないと
いつまでも、喪った現実を
受け入れることができずに
うつが続くとも言われます

感情投資という言葉があります
ひとはある感情を対象に注ぐときに
ある見返りを予測し期待する
または無意識にそうした心理を抱いている

ところがその対象を喪い
喪ったことを受け入れずに
感情投資をすると
自己の感情が枯渇してしまうと言ったことでしょうか

ところが対象喪失は
個人の精神のうちでも起こります
自己のうちで育ててきた対象には
感情投資を行っていますが

そこに陽性なものと陰性なものとが
ありますが、それが同時に行われようとするとき
恐れの余り 対象を消してしまうのですー無意識のうちに

消えてしまった対象を求めて
荒野をさまようことになります
重度のうつ病はこのようになっていることが
ままあるのです。
そして抗うつ薬は一定程度苦痛を軽減する程度か
無効の場合も多く見受けられます
医師や心理カウンセラーとのつきあいの中で対象を再構築していくことが
必要ですが、
砂漠に小さな緑や泉ができてきたらいいですね
c0156217_1116011.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-05-30 11:16 | 医学
ベランダで三つ大きな焼き物の鉢やガラスの鉢で、メダカや金魚を飼っている
ペットはいろいろ失敗したり長続きしなかったが
安くて丈夫なもので、今回は何とか

ガラスに入れたのは生態が見えるかなと思って
熱帯魚屋の兄貴が、無理ですよ
藻が生えて大変ですよとのことでしたが
春先から日差しが強く、水温も上がり
藻が繁殖して、たまにしかメダカ君が見えないな

このもう少し洗練された状態を青水といって
魚にはいいらしい

藻の光合成で非常時には食物となるらしいし
酸素も放出する
そのままであれば、一見役に立っていない
太陽の光が、単純ないくつかの原子のものとなり、
複雑に見えるものもそのいくつかの多様な姿でしかない世界を創造し

循環の世界を作り出し
循環のエンジン役となる

そこで、光合成の勉強を何十年かぶりで始めるー好奇心で生きているのか?あんたは(笑)

太古の海は、熱かった、光も届かず、酸素もなく、熱湯が噴き出しているところで
酸素を使わない微生物が、熱を利用して活動を始めた
これが地球の生命体の始まりと言われている

その後地球がだんだん冷えていき
その生命体はだんだん浅瀬に移っていく

そして、太陽光とふんだんにある水で
光合成のはじめのようなことをして
地球に酸素を供給しつづけ
酸素を利用する生命のための準備をする

生命の起源のものは
恐るべきことに環境を造りかえることから
準備をc0156217_8485744.jpg始めたというのだ

生命体はどこかで
植物系と動物の祖先とに分かれ進化し始める

そう生命は進化し変態を繰り返し
絶滅したり興隆したりする
いまは人が地球の主だが
この長大な歴史を読んでいくと
生物がある姿のままでいることは
ほとんどない、
今の人の姿もいつまで続くか
もうわからないところで
人は分岐し
滅びるものと違う形で繁栄するものとに
分れているのかもしれない

続く
[PR]
by italofran55 | 2010-05-18 08:39 | 医学

葡萄の華

c0156217_12163638.jpg

春爛漫ですね
みなさん 葡萄の華って
ご存知ですか
わたくしはオフィスの外に巨峰をもう 3年くらい
水をあげてます
だんだん幹が木のようになってきました
今年は枯れたかなと思いましたが また花?が咲きました 不思議な事に散らずに葉になります
その後で葡萄の房がほんとに小さなものから膨らんでいきます
去年は収穫して食べましたワインをつくるのは
無理でしょう(笑)
[PR]
by italofran55 | 2010-04-29 12:16 | 医学
メンタルな診療をしていると
けっこう こんな人に出会います
個人的にではないですよ(笑)ー逆に機嫌のいい人ばかりですー私に問題があるかもしれません

自分ももちろん困るし
周りの会社の人や、家族も困ることが多いです

どんなときになるのでしょうか
周囲にあり問題が起きたときや
引き金がなくとつぜんくることや
すごく深いところからくる周期的なこともあります

どんな診断がつけられるのでしょうか

あるタイプの統合失調症のこともありますし
気分失調性障害
情動不安定型パーソナリティしょう害
自己愛型パーソナリティしょう害
双極性障害のそう期
側頭葉てんかん
心的外傷後ストレス障害
高次脳機能障害ー最近では頭部へのわずかなショックでもなると言われます
生理前不機嫌症候群
甲状腺や副甲状腺ホルモン障害ー時として
脳動脈硬化症ー特に老人

周期性不機嫌症などと言う過去には診断名もありましたっけ

などがあげられるでしょう

精神療法が効果的なのでしょうか

何ともいえません
一般的には、気分の不安定さをお薬で何とかコントロールできるようになる

精神科医の支持的、短期的精神療法が功を奏して
からとなります

ベンゾジアゼピン系の安定剤
向精神病薬
抗てんかん薬
抗そう薬
身体疾患の治療薬
などがつかわれます

自分で自分の気分の障害が
他者的な眼で見られるようになれば
認知療法や人間関係療法など
論理的精神療法も効くかもしれません

また境界性 自己愛性など
幼児期の養育 生育の問題などと解釈する
精神分析療法も適応とは考えられます

広い意味で心的外傷を受けているとも主張されています

幼児期の状態がすべてを決定するかのような理論に対しては
賛否両論あります

わたしが感銘を受けたのは
クレッチマーというドイツの精神医学者ですが

どんなひどい扱いや養育環境にいても
青春期ー成人期に危機を乗り越えてしまう人の方が
多い という指摘です
実際はもっと細かく分析していますが

後から解釈してみると合理的に見えても
実際はあたっているかは解りません

大変な作業ですが精神分析的接近が
あるタイプの人の治療に役立つことも確かです

不機嫌は上機嫌と一対です
人が無意識に不機嫌をコントロールできれば
その人も、周りの人もハッピーです
そんな人に囲まれた人生を送りたいものです





c0156217_8421470.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-04-25 08:39 | 医学

原因不明で体調が悪い

体調が悪くて検査しても異常がない人は
結構 多いんですよ

神経科や心療内科には来ないで
内科や、整形外科などで治療を続けておられる方
も膨大な数いると思います

どこか一カ所悪いと言うより
症状は悪くなったり 一見よくなったり
消えたり 現われたりします

いろいろな検査を受けますが
まず、はっきりと異常が見つかることはない

薬に頼っていろいろなものを飲んでいる人もいますし
すぐに、副作用が気になって
次のお医者さんに移ってしまう人もいます

エネルギーがないようで結構ありますが
長続きしない傾向もあります

当然 精神的には不安やうつや
怒り、不満にとらわれることもあります

家族関係はある人とはよく
会わない人とは決定的にあわず

それがストレスの元になっていることが
第3者からみると、わかります

ストレスは解ったり、全く気がつかなかったりしますが

ストレスと困った症状の間の
つながりの身体感覚を持ち合わせないことが多く
そのため、治療が難航することが多いです

医師にお話を聞いてもらえない経験が多いですね
当たり前です、普通のお医者さんは
そんな時間はありませんものね

根気よく話を聞いたり
お薬も、安定剤だけでないものを使ったり
して、知らないうちに
少しだけかかるくなることがあります

一挙に直さない、治らない
時間をかけて、ほぐしていきましょうc0156217_21515952.jpg
[PR]
by italofran55 | 2010-04-19 21:47 | 医学

人格は分解できるか?

人格や 意識がいろいろな要素に分解して人間理解を深めるというのは
心理学の方法です

以前書いた cloningerの 4つの要素に
彼は、自己指向性 協調性 自己超越性
の3つを組み合わせて 人間理解をしようとしているようです

たとえば、西洋の宗教改革の原動力となった
マルティン・ルターを例にとってみましょう

徳性という意味では、人を救おうとしたとても高い人でしょう
彼の生涯は、努力、啓示、闘争、に色づけられますが

クレッチマーという人の、人間のタイプを三つに分けるやり方
てんかんー闘志型
分裂気質型
循環気質型
でいけば、てんかん気質の強さに、一つのことを思い込んだら一生追求する
分裂気質型と、人ーものを組織して現実tきに成し遂げる才能を持った循環気質型が
混じっていると思われます
性格が微妙に混在して、畢生の大業をなしたのでしょう

cloninger的なみかたをすれば
新奇追求性は高く
損害回避性は低く
報酬依存性は低く
固執性は強力です

精神分析のようにリビドーや性欲単一理論からすれば
人間の類型をあるレベルで分けることは
皮相なことでしょう

そのため人によっていろんな分け方ができてしまうともいえます
c0156217_20435427.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-04-16 20:42 | 医学
久しぶりに、医学的なことを書きましょう
何のブログかわからなくなるから(笑)

クロマグロ、クジラ、など
日本人が採りすぎ、食べ過ぎ?ということで
じゃ、日本人は何を食べろと言うんだ、牛肉か 
なんて議論がありまして、
私も心配になりました

だが、ちょっとまったー

五反田にある魚金というビストロにいったら、こんなに安くていいの
という値段で、とても大盛りの食材がいっぱい
肉、魚、植物系タンパク質
これでもかでした

また、外房の上総一ノ宮のホテルも
安い値段で、ものすごい量のお料理でした

食べるものがないと言うことは
ないですね、むしろ過剰です

タンパク質の摂取と言うことに関しては
動物性タンパク質の摂取量の増加と平均寿命とは
相関関係があるようですし
摂ることはいいことです

植物性タンパク質と血圧は
負の相関関係があるようです
これもそうです

日本人はタンパク質をもっととっていいのでしょうか?

日本ではいま、慢性腎障害ーCKD という病気が増えています

腎臓は体内の代謝物
を血液中から、濾過、排泄する、重要な臓器ですが

タンパク質の体内の最後の形である
窒素分が過剰に負担をかける

高血圧によって負担をかける
動脈硬化によって負担をかける
などの要素が絡み合い

結果として腎機能がとても低下してしまう状態なのです

日本人は現状では食べるものには困らないでしょうー特にタンパク質
食べるものがないという心配は杞憂と思います

タンパク質の量より、量の追求はむしろ害の方が多いでしょう

現代日本の食生活としてはバランスを考えることが
必要でしょう
動物性のタンパクはとりすぎない
塩分もしかり
すいぶんもしかり

クロマグロ問題以上の問題が
食事のあり方に存在しているでしょう

c0156217_22142218.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-04-13 22:08 | 医学

艶やかな朝

ダイアモンドを覆したような朝 西脇順三郎

とまでは行かないけど
朝のテニスは気持ちがいい

なんて、格好つけて
公園のベンチでブログを書いていたら

後ろの大木に鳩がいっぱいとまっていて
糞が僕に命中しました

格好つけているやつを狙っているのかな-?
いつもこんな結末になるんですが(苦笑)
c0156217_83096.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-04-09 08:03 | 医学
いろいろな要素に分解する理論が
これまたいろいろありますよ

脳内物質と関係づけた方法論に
cloningerという人の

4つの気質と 3つの性格に分けたものがあります

①新奇追求性ー新しもの好きの程度ーこれ、わたしにあります、ドーパミン関連

②危害回避性ー安全を確保したいーこれもわたしにあります、セロトニン関連

③報酬依存性ー金に釣られますーけっこうあたってます、ノルアドレナリン関連

④固執性ー執着の強さー結構頑固です

書いているうちに、なんか自分のこと言われているような気になりますが
全部程度の差なんですね

実際これを分析して患者さんへの投薬を考えることは
結構難しいですが

抗うつ薬に関して言えば

エネルギーの少ないか、枯渇した人のうつ状態と

エネルギーのある人のうつ状態とでは
抗うつ薬投与の戦略は変わってきます

自分が元々エネルギーのあるタイプかそうでないかは
過去をさかのぼって考えてみると
治療の助けになりますよ
c0156217_858139.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-04-05 08:58 | 医学