診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:医学( 90 )

患者さんの老化、または日本全体の老齢化に伴い私の仕事も老人のかたのなにか、精神機能だったり成年後見制度に伴う鑑定などを見ることが増えてきた。

きわめて老齢化し介護保険はあるものの家族で介護することが難しくなると
やはり老人ホームのようなところに入ってしまう人が多い
家族が健在で、ご本人が健在であってもだ
そのような方の中には自宅を持ちつつホームと自宅を往復しかなり活動的に老齢期の生き方を創造しておられる方もいる
そのことについてはそのうちに書く機会もあるかもしれない

しかし老人ホームに実際に入るとなると
それまで一軒家でかなり余裕のあるスペースで暮らしていた人も
6畳とか8畳の空間を日常のものにしなくてはならないのではないだろうか
つらいことである

最近三茶のランチを探していて珍しいことに鰻屋があったので
たまに行く
1階が6畳ほどそして2階もあって6畳すこしあるかな
きわめて日本的な狭小の空間で営業をしている人と話す機会があるので
いろいろと店の成り立ちをきくと
戦後にたくさんの人が焼け跡にお店を建てたらしい
2階にガス栓があるでしょう?なんだかわかります?
となりの肉屋さんと共同で使用していてすき焼きもやっていた名残なんです
うちらは家族5人でここに住んでいたんですよ
えーあの6畳に?
そんな時代もあったのだ

老人ホームのあるべき姿を考えて
北欧モダンハウスという本にあたる
西欧の基本にあるものはもちろん人間志向のデザインではあるが
土地の豊富さ 豊富に使おうとする意思ではないかな

しかし日本人はどうだろうか6畳に5人ですむのも
猫の固まりみたいでよいとする感覚があるのではないかな
さすればとても広いスペースを持った老人ホームは
夢のまた夢かもしれぬなc0156217_10531134.jpgc0156217_10521836.jpg
[PR]
by italofran55 | 2013-12-08 10:52 | 医学
クローン人間 理論的にはできるはずですね ボリーでしたっけ 羊でいましたよね
なにか不具合があって早死にするんではなかったかな

しかしジョン・レノンのクローン人間 わくわくしますね
もうどこかにクローン人間はいるんでしょうかね

遺伝子の配置はそのひとの究極の個人情報ですよね
それを他人が所有して人を作ってしまう

新しいジョン・レノンが表れたら その歯科医は個人情報保護違反で自分のアトム君から訴えられるんではないかな

ジョン・レノンが小学校に入るあたりから自分はジョン・レノンだと自覚し始める
そしてカナダからイギリスに渡りあの港町に着く

失われた父か失われた自分探しの旅が始まる
おそらく才能があるのでまたなにかやってくれるんではないかな


あたらしいyesterdayも生まれるでしょう

ポールもリンゴもジョージもクローンを作って
新しい音楽を作って欲しいね

ビートルズ世代としては現代のポップはあまりに味気ないから

c0156217_18555811.jpg

写真はhaut provenceにあるsisteronという町
プロバンスからアルプスに行く途中の地方に今は興味があります
[PR]
by italofran55 | 2013-08-24 18:57 | 医学
c0156217_2148872.jpg


飛行機の中の雑誌でアメリカの俳優に双極性障害が多発しているとの記事があって
その中の一人に
キャサリーン・ゼタ・ジョーンズがのせてあり
帰りの飛行機で新作の映画 side effectのなかでゼタ・ジョーンズがかなり憔悴した様子で
精神科医を演じているには笑った

あのタイプの女優が好みでソフィー・マルソーにも似ている
双極性障害の多発について少し考えてみると
いままで鬱病と診断していたのに躁状態をさぐる癖が精神科医の中に勃然とわき上がり
その診断をつけるのとやはり過剰診断もあると思われる

しかしアメリカの売れている俳優であれば双極性障害になる下地はけっこうできているともいえる

いくつか挙げてみよう

まず世界的な俳優になるという野望に
発揚性性格があるだろう

そして自分で見ても美しい格好いいという
自己愛的傾向もあるだろう

実際に美しいし
もてはやされて実際にもてて
けっこうパーティがあって出会いがあって
アルコールに浸る機会があって

お金は十億単位から百億単位があって
欲しいものははほとんど手に入って

あげているうちに疲れてきましたが
躁状態になる要素がごろごろ転がっていると思いませんか?

軽い躁状態を逆に見てみれば
喪失の結果落ち込む要素も結構ある

若さの勢いでやってきたことが
成熟を伴わないと ほとんど仕事がこなくなる
大部分はこうなりますね

若さを失い極端な容貌の変化に見舞われる

love-affairも少なくなる
逆を言えば家庭生活が破綻し
アルコールやセックス依存になりやすくなる

収入も激減する または高収入だった頃使いすぎ
投資に失敗して貧困化する

見事にそうとうつになる要素がそろっています

幸せすぎて病気になるということが世の中にはあるんですね
うらやましいです
残念ながら私もそして貴方も逆はありますが
スーパースター達の精神状態には至ることはまずないでしょう
それはそれでちいさな幸せかもしれません

では若き頃のゼタジョーンズの美しい姿を映画で見ながら
安いシャパン飲んで寝ることにしましょう

また明日土曜日なのに診察しなくてはなりませんし
[PR]
by italofran55 | 2013-08-02 21:37 | 医学

統合失調症のある典型例

典型例を見ていると気がつくことがある
もう初老期に入った患者さん

つねに何かに侵入されるという恐怖を抱えている
安心ができない
掘っていくと根本には被害ー関係妄想がある

記憶とか日常生活上の見当識はある
いわゆる海馬 扁桃体系統は大きく障害されてはいないが

視床ー大脳基底核ー大脳皮質
いわゆる大きな人間の思考ー感情モードを司るところが障害されていると考えられる

不安モード 攻撃モード 逃走モード 性行動モード 固着モード など
である それが発動されると記憶 状況に対する感情を乗り越えた
モードに入ってしまう

患者さんは常に不安モードにいるようだ

家にはいられない ここもいやだ あそこがいい
どこにいることも決められない 決定不能に落ち込んでいる

親にはそのため依存し攻撃しときには愛着する

どこかでみたことがある光景である
4~5歳の子供がだだをこねているときに似ている

あっちにいくこっちにいく
お母さんが悪いんだと

大脳ー行動的にはそこらへんで脳の発達がとまってしまっているのかもしれない
脳がある程度発達してからの発祥でないので
薬が効かないのではないかとも思われる
いくつかの症状から架空の症例として造りあげてあります

c0156217_21465151.jpg

[PR]
by italofran55 | 2013-07-26 21:47 | 医学
漫談家の牧しんじさんの死には驚く
自殺というものは普通の人には想像もつかない苛烈な方法を選ぶことが多い
それだけ周りのことが見えなくなっていると思われる

牧さんの飛び降りで思い出したのはポール牧さんの飛び降り死だった
一般にいえばうつの劇症化のことがおおいが
うつの重症化はじつは双極性障害だったということも多いと思われる
ポール牧さんはどちらかといえばこのタイプだったのではないか

牧しんじさんは きまじめで業界の長までやり
脳梗塞の後も現役に固執していたらしい
性格的には双極性障害の要素は少ないだろう

むしろ脳梗塞後の重度の激越性うつ状態だったとおもわれる。
脳梗塞の場所によっては なかなか言葉がでてこない
運動性失語という状態になり 漫談家として致命傷になった可能性もある
治療も受けていたと思うがなかなか予測は難しいことも多い

同門で同世代 不思議な死を迎えた二人だ
お笑いの世界の人には無理している人と躁鬱の波のある人が
意外に多い
若いlころ楽しませていただいたものとして
ご冥福をお祈りしたい
[PR]
by italofran55 | 2013-04-30 15:42 | 医学

治りにくいうつ病とは?

うつ病は心の風邪ですというキャッチフレーズに対して
一部の精神科医より批判が出てきて それはリューマチににているとか
パーキンソンにたとえてとか 糖尿病にたとえてとうのこともでてきている

たしかに遺伝的なものから生活習慣病まで、重度で死に至ってしまうものから簡単に治りそうなものまで
多彩な症状群であろうと思われる

治りにくいとすればどんな要素があるのだろう

若年発症

家族に同様の精神疾患がいる または 代謝疾患を持っている一群の家族

性格的傾向 情緒不安定型 回避型 発揚型 非社交的性向

けい躁期の時期がある

お酒、たばこなど依存傾向がある

いろいろに興味がなく単調な生活を送っている 趣味がない

家族や職場などにおいて人間関係のトラブルを抱えている

身体的愁訴が多く、またそれ自体の移行、消退が頻繁

急によくなったり 逆に悪くなったりする

何回も繰り返す

などがあげられると思われる

シャルルドゴール空港そばのシャンティイ城
横方向の伸びやかさがたとえようもなくエレガントである

c0156217_21282760.jpg



 
[PR]
by italofran55 | 2012-10-11 11:40 | 医学
c0156217_20261180.jpg感情障害ーうつ病やそううつー双極性障害は最近何年かの
精神科外来の主要なトピックである

NHKは何年か前
SSRIをうつを治す夢の薬として紹介していたが
何ヶ月か前 あなたはうつではないかもしれないという特集で
抗うつ薬を大量に使われているがそれは診断の違いで
うつ病がじつは双極性障害であり
抗うつ薬をやめて気分安定薬を使用すれば
きれいに治るという番組をつくっていた。

われわれからみればうつ病はきれいに治る可能性はあるが
双極性障害はきわめて完治の少ない障害であるので
一番大事な結論を意図的に出していないと思われた。
写真は10年ぶりに行ってみた白馬の紅葉
蕎麦掻きを食べた蕎麦屋や
bas-breauという広大な森の中にあったフレンチのオーベルニュがまだあった
そのご主人はもちろんわたしのことは覚えていなかった(笑)
つづくc0156217_2020824.jpg
[PR]
by italofran55 | 2012-10-06 20:22 | 医学
c0156217_9411027.jpgしずちゃんはたしかに おかしい といっても
漫才の話だが

脳のほうは異常はなかったらしい
しかし しずちゃんはある意味では
変わっていると思える

漫才を目指す人の中には
変わった人が含まれていると言ってよいだろう
最近わかったが深刻なのは 京都の祇園のひき逃げの犯人さえ
吉本に属していたというものだが

一例を挙げれば 発揚者-hyperthimie いわば いつも元気指向の人
情緒不安定型 自己愛型
双極性障害などが含まれているだろう #実際のクリニック体験からもあり#

広汎性発達障害のなかの 積極的奇異型ーさんまがかわいがっていた ジミー大西などこのタイプではないだろうか

しずちゃんは 平均的なところからいけば 変わっていると言っていいだろう
そういう意味では やはり おかしいのだ
潜在的に おかしい とうところをもてはやされて
医学が出動してしまったと
やぶ医者は考える

個人的に大きくて包容力のありそうなのにときどきviolentな
しずちゃんのファンではある(笑)

写真は現在のシャンパーニュ地方 ブドウが芽吹いているのか?
tarlantというメーカーからのもの
[PR]
by italofran55 | 2012-04-19 21:13 | 医学
西城秀樹さんが脳梗塞を再発させうつ状態になり死のうとさえ思ったという

脳梗塞後うつ病というものだろう

かれは2003年 48歳の時に初回の脳梗塞を患っている
まだきわめて若いし、つねに飛び回っていた印象があるので
疲労の上に大量の汗をかき アルコールが加わると
脱水が進み 血液が濃くなり 脳梗塞の条件がそろっていたのかもしれない
実際は若い患者さんもけっこういるし ストレスによって動脈硬化は進む

そのときも構音障害、声が出なくなり
かなりなやんだらしい

脳梗塞は1回なると動脈硬化が続いて潜在的に悪化する

今回は明確にうつ状態が引き続いて起こり
また、片麻痺もあるという
大脳皮質運動野にも影響のある血管がやられているのだろう

積極的で明るい人なので
リハビリはうまくいき
仕事にも戻れると思われる
当然SSRIもふくんだうつ病の治療もしているだろう

こんご、節制していかないと
脳血管性の認知症や
動脈硬化による情動不安定に陥りやすくなる

老化とうつ状態は深い関係があるので
老化を緩やかにして行かなくてはならない
有酸素運動や、悪玉コレステロールが高ければスタチン類なども服用した方がよい

youngmenも老化とは戦わなくてはならない
同時代のスターより常識的な人に見えたが
病気は人を選ばない 
c0156217_20593451.jpg
[PR]
by italofran55 | 2012-02-26 21:01 | 医学

ある 婚活女性の場合

c0156217_2271711.jpg人の生活において精神的 身体的に量的なものが平均からずれてくると
それは一つの現象にとどまらず
その人の他の方面にも影響が出てくることが多い

食べること、ばくち、暴力、セックス、睡眠、など浮かんでくる

最近、婚活詐欺でなんにんも葬ってしまった女性のリポートが
週刊朝日に載っていて秀逸な文章であるが
ちょっと疑問に思えることが出ている

彼女は以前にも 1億円ほどを貢がせている そのほかにも何人もいるらしい
そして、 月に150万も収入があったとのこと

すると彼女は大金を持っていたはずである どこかで浪費していない限り

彼女は金があるのに犯罪を犯したか
金を大量にどこかで浪費してしまって犯罪を犯したかであると推測される
中途半端があり得るが

大量に摂取し 大量に吐き出してしまう 大量に遣ってしまう
または 大量にため込んでいる構造があったのとも思われる

男性は何かが欠損していたがために、簡単に彼女に依存してしまったという
逆に彼女もまた何かに依存していたようにもみえる

その構造が裁判で明らかにされるかどうか
私にはわからない

彼女の中に潜む量の異常、何かへの依存の心性が
優秀な女性ルポライターの心に響いたことだけは
確かなように思われる
[PR]
by italofran55 | 2012-02-22 22:04 | 医学