診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:文学( 4 )

エルマノンビルの墓

カミュの異邦人を フランス語で読み終わる 恥ずかしいくらい時間がかかる
おそらく 名文家なのだろう フランス語のよくわからない私でさえ
簡潔で事物的な 説明は少ないがすべてを語り尽くす、深くて軽快な文章の連続に圧倒される
これが地中海文学なのだろう

とくに小説の終わりあたりに 
聴聞僧が死刑囚の前に現れるころから 小説世界が実は一変し 即物的に表現される壮大で美しいそして絶望に満ちた哲学が開陳される

普遍的な人がじつは見えない牢獄にいてすぐそこにいる世間的な暴力と確実に迫り来る死と対峙している
それはあらゆる人間がであう寓話のようなものなのだろう

死を意識したとき皮肉なことに世界はその甘い果実を囚人の前の現出させる

カミュやグルニエの事象の裏に潜む心理をえぐり出す文章はスタンダールなどにも見られる
おそらくじつはフランス文学の正当な後継者なんだろう

なぜこの本を読んだのだろう
玉村豊男のプロバンス NHKでの放映に ジャン・グルニエという哲学者の簡素な真夏の別荘が映っていた
そのあたりから 彼に興味を持ちはじめた

カミュはアルジェの高校にいたときからグルニエの優れたの教え子であり、自動車事故で突然死するまでその師弟の深い尊敬と友情は続いている 往復書簡も買ったがまだ読んでない 閑暇があればどこかに持って行って読んでみよう

カミュの墓は南プロバンスのルールマランという鄙びた美しい村にあり グルニエも滞在していたことがある
いつか住みたいなと思う かわらぬ村の中央にある広い草の運動場に寝転んで見上げた空が
忘れられない 

グルニエの別荘はそこからクルマで2時間くらい北の高地プロバンス シミオネ・ラ・ロトンダにある
グルニエの著作を原文で読もうと思っててはじめに 諸島 という本を手に入れて読んでいる
なだたる美学哲学者であるが難解な言葉は一切使っていない が難しい

感覚的な言葉で深い哲学を語ろうとすると わたしのような異邦人にとってその外国語は実はひどくやっかいだ
カミュはこの師の文体を深く物にしているといってよいだろう

諸島のなかに ケルゲレン諸島という章があり
そこに、ルソーはエルマノンビルにおいてさえ迫害された という一節がある

註を読むと ルソーは死の六週間前にエルマノンビルにあるジラルダン侯爵の城館にかくまわれて
死去したとあり
エルマノンビルの城館はパリの北西45km 深い広大な森 森の間に広がるデゼールー白い砂丘上の荒れ地 そしてその庭園の池の中にルソーの墓があったという

私の感ではフランスはこの一帯を完全に保存しているだろうということであり
インターネット上の画像で検索するとやはりその通りであった
いつかいってみたいものだ

私の驚きはパリの近郊にそのような驚くべき神秘な場所がまだ完全に残っていることだけではない
イブ・サン・ローラン自伝映画にでてきたパリ郊外の別荘も之が地上の物かと思われる物であったし
旅行者が知らないすごい世界がヨーロッパにはおそらくごろごろしている
それはおそらく自由で豊穣で強靱な精神世界と相応しているのだろう

それより、ルソーといえばその後のフランス革命やヨーロッパの市民革命の先達となった
当時の最重要危険人物であるが

それを平然とかくまう高級貴族がおり
またその城館がそのまま保存されていることである

ウィキリークスの創始者が追われてイギリスの有力者にかくまわれているのに似ている
個人財産と自由が権力からちゃんと守られているのと思われる

カミュの読後感から思わぬ方向に夢想してしまったが

私が魅了されるフランスの深さはいろいろなところを掘っても通底している様に思われる。
それにしてもいつグルニエの著作をフランス語で読み終えるのはいつだろう
写真はシミオネ・ラ・ロトンダc0156217_915177.jpgと エルマノンビルの城館c0156217_910097.jpg
[PR]
by italofran55 | 2012-03-13 09:16 | 文学

生まれ変わりと永劫回帰

フランスで暇つぶしに買ってきた小説を少し読んでいる
guillaume mussoの
seras-tu la? というもの

30年前の自分に出会い、そのどちらかが数奇な人生を歩んでいくという
いわば 時間軸ものですね
アメリカ映画は1年に一本くらいこの手のものが出ますね

著者もフランス人なのに、舞台はフロリダとカリフォルニアとなっています
いずれ映画化を狙っているのかな

アメリカの時間軸物で
精神分析医が美女を分析しているうちに
殺された修道女の生まれ変わりであって
その美女を救う、というようなもので
とても好きでした
精神科医がそんなにかっこいい仕事であったらうれしいんですが

また、筋を忘れた頃に見るのが楽しみです

わたしのclientに 

先生 生まれ変わるとしたらという話題になりました

そうねー 南イタリアの金持ちの息子なんてどう?とこたえると

今度生まれかわるときは 先生はいい目にあわない順番だといってました
わたしがいい目にあっているとでも思っているのでしょうか?

では、あなたは?とたずねると

宗教をしていて、かなり悟った段階なので
生まれ変わりはできないそうなんです

天上界で不老不死ですごすーけっこう、苦しいのでは?
三島由紀夫に天人五衰という小説もありますね

天上の人さえも、衰えて死んでしまうというのです 怖いですー

三島は永劫回帰や生まれ変わりの話が好きな人でした
わたしが読んだ彼の小説の中で
傑作と思うのは
絹と明察 というものです

父を表したと思える企業オーナーと、
労働組合の若き代表との戦いです

若い人は父を打ち破り、企業の経営者になります
彼は、分別のある、父に変身して
世の常識を代表し
変革を忌避していく人間となっていくのです

ギリシアの物語にもある永劫回帰を
三島なりに日本的に書いたものでしょうか

彼は、退屈は死よりも怖いと述べています

永劫回帰は彼の恐怖の対象、成熟できないか、拒否した彼にとっては
必然的に玉砕する相手だったのでしょう

見事に退屈から逃げようとした彼は
あのような死を遂げてしまいました

しかし永劫回帰にとっては死は生であり
生は死なので 何をしても同じなのです

彼は退屈から逃れられたのでしょうか

永劫回帰という言葉には、同じことを繰り返すという
罰の意味が含まれている感じがしますね

あなたもまったく同じ人生を送れといわれたら絶望するのではないでしょうか

そうそう、さきほどの彼女
今度生まれ変わるときは
南の島の猫になりたいといってましたっけ

おやおや、あなたはもう高い段階の人なので
面白いものに生まれ変わりできないんですよ?

先生は今生でいい目にあったので
次回は蚊に生まれ変わるとの予言をいただきました

そうですね、それも面白いかもしれませんc0156217_22284374.jpg
[PR]
by italofran55 | 2009-01-29 22:17 | 文学

人の死を悼む

永井荷風の死の写真をNHKーTVでのせていた

自室での写真まで当時の新聞には載っていたらしい

三島の最後の写真と好対照であるが、

現代の新聞にこういったものが掲載されうるのか疑問である

荷風は胃潰瘍の出血で窒息死という

私は脳出血かと思っていたので意外ではあったが

その孤独の死において、当時の文人の間で論争が起きていた

あるいは褒め あるいは毀損している意見である

だがこの死に方はおそらく現代において予言的であるかもしれない

老人が一人で死ぬことはもはや普通のことであるかもしれないからだ

死に関していえば

現代日本においては非情にも意味のわからない大量殺人において
なくなられる方がいる

これに関していえば

桜井という女性評論家が
すべて憲法のせいであるという意見を述べていて
かなり的外れに感じた
逆に人の心まで変えられるものであれば
こわいだろう

東工大の心理学者は憲法を治したからといって
その現象は減らないと主張していた

明治憲法下においては日本人 非日本人を問わない、大量虐殺が起きている

江成常夫という写真家は
鬼哭の島という番組にて

パラオの島に無数の日本兵が放置されていることを引き合いに

死を悼むことの教育について語る

なぜ人を殺してはいけないんですかという
日本の子供のテレビの質問に

仏教国でないある国の人は
口をあんぐりしたという

人の死は悼むべきである

たとえ死刑囚でも

人を殺すことに
法が立ち入るべきではないのではないか

荷風の死は
幸福な死であろう

戦争に殺されること泣く
人を殺すことなく
病気で死んだのであるから
[PR]
by italofran55 | 2008-08-14 00:07 | 文学
タモリの赤塚不二夫という漫画家への

弔辞が話題になっている

原稿をみないで1900字をよんだとか

すべてをあるがままに捉えて肯定すれば

世界は異様な明るさにつつまれる

これでいいのだ なんかについてだ

タモリが天才であったということには文句はない

デビュー当時の
既成のものに対する毒を含んだ芸

今夜はサイコー あたりの日本のレベルを越えたしゃれ

見るに値する芸達者であった

だが私はタモリの弔辞には余り関心はできなかったし
ギャグとも思えなかった。

テリー伊藤が
笑っていいともでも
すべての人に対して これでいいのだと 接している
素晴らしいと いっていたが
そうだろうか 業界の身内のほめ言葉に思えた

タモリはいまや守りに入り
記憶力や判断力が人並み優れているというところをたまに見せて
聴衆をおどろかせているに過ぎない

つくりあげた芸や毒をまったく見せなくなってしまったのである

彼がかなり生きるということに関して
シニカルな感情を持っていることはインタビューなどで披露されていた
おそらく100億をゆうに越す財産を持ってではあるが

わたしには 彼のこれでいいのだという言葉が
救いというより 閉塞感の表れのように感じられる

天才の時間は短い
長く続くはずもない

これでいいのだは 

老成してしまった天才のため息にきこえる
[PR]
by italofran55 | 2008-08-12 10:23 | 文学