診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

三茶の鰻屋と北欧モダンハウス

患者さんの老化、または日本全体の老齢化に伴い私の仕事も老人のかたのなにか、精神機能だったり成年後見制度に伴う鑑定などを見ることが増えてきた。

きわめて老齢化し介護保険はあるものの家族で介護することが難しくなると
やはり老人ホームのようなところに入ってしまう人が多い
家族が健在で、ご本人が健在であってもだ
そのような方の中には自宅を持ちつつホームと自宅を往復しかなり活動的に老齢期の生き方を創造しておられる方もいる
そのことについてはそのうちに書く機会もあるかもしれない

しかし老人ホームに実際に入るとなると
それまで一軒家でかなり余裕のあるスペースで暮らしていた人も
6畳とか8畳の空間を日常のものにしなくてはならないのではないだろうか
つらいことである

最近三茶のランチを探していて珍しいことに鰻屋があったので
たまに行く
1階が6畳ほどそして2階もあって6畳すこしあるかな
きわめて日本的な狭小の空間で営業をしている人と話す機会があるので
いろいろと店の成り立ちをきくと
戦後にたくさんの人が焼け跡にお店を建てたらしい
2階にガス栓があるでしょう?なんだかわかります?
となりの肉屋さんと共同で使用していてすき焼きもやっていた名残なんです
うちらは家族5人でここに住んでいたんですよ
えーあの6畳に?
そんな時代もあったのだ

老人ホームのあるべき姿を考えて
北欧モダンハウスという本にあたる
西欧の基本にあるものはもちろん人間志向のデザインではあるが
土地の豊富さ 豊富に使おうとする意思ではないかな

しかし日本人はどうだろうか6畳に5人ですむのも
猫の固まりみたいでよいとする感覚があるのではないかな
さすればとても広いスペースを持った老人ホームは
夢のまた夢かもしれぬなc0156217_10531134.jpgc0156217_10521836.jpg
[PR]
by italofran55 | 2013-12-08 10:52 | 医学