診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アンジェリーナ・ジョリーと不思議な衝動

アンジェリーナ・ジョリーのようなちょっとグラマー系の女優は好きだし
いろいろな子供を引き取って育てているのは尊敬に値するが
乳房除切手術をしたと聞いてびっくりした

正確には乳腺除切と再建手術だから大きな胸がなくなるのではという私の心配は杞憂だったが

彼女の生い立ち、成人になってからのくせを知ると
すこし心配でもある

ナイフの収集癖があり、自傷行為にて快感を得ていた
セックスの時には互いに傷をつけあって快感を得ていたという

もちろん精神的に影響のある物質への依存もあったと推察する
この時点で精神科に受診していればなんらかの診断名がついてしまう

顔やボディーのラインをみるに整形手術もけっこうしていたのではないかと想像される
一般的な意味で負の行為の連鎖からpositiveな方に逆転した
アメリカらしいいい話であると思う

そして今回のがんの予防のためのオペ

若い頃から一貫している何かがある
強烈な自我意識 それゆえの自我境界の鮮明さを求めること
コントロールへの欲望とその喪失 挑戦 といえるか

彼女は今回は健康への飽くなき挑戦をしているといえないだろうか
アメリカのcutting edge な知識の力も借りてーいかにもアメリカ的と思うが
今後10年の間に予防法さえ驚異的に進化することさえあるというのに

ひきつづく自己へのメスのいれよう
(polysurgery 頻回なオペ症とでもいうのだろうか) 
を思い出してしまった

であれば乳腺のオペの後またするのかなと予測していたのだが
卵巣摘出もするというー
一連のがん予防ともいえるのであろうが

彼女の人生では

今後も理想を求めてオペが続くのではとちょっと考えている
彼女のようにかなりの勢いで前向きに生きることには大いに賛成である
c0156217_19402545.jpg

[PR]
by italofran55 | 2013-05-17 11:36 | 社会ねた