診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

牧伸二さんの死とpoststroke depression

漫談家の牧しんじさんの死には驚く
自殺というものは普通の人には想像もつかない苛烈な方法を選ぶことが多い
それだけ周りのことが見えなくなっていると思われる

牧さんの飛び降りで思い出したのはポール牧さんの飛び降り死だった
一般にいえばうつの劇症化のことがおおいが
うつの重症化はじつは双極性障害だったということも多いと思われる
ポール牧さんはどちらかといえばこのタイプだったのではないか

牧しんじさんは きまじめで業界の長までやり
脳梗塞の後も現役に固執していたらしい
性格的には双極性障害の要素は少ないだろう

むしろ脳梗塞後の重度の激越性うつ状態だったとおもわれる。
脳梗塞の場所によっては なかなか言葉がでてこない
運動性失語という状態になり 漫談家として致命傷になった可能性もある
治療も受けていたと思うがなかなか予測は難しいことも多い

同門で同世代 不思議な死を迎えた二人だ
お笑いの世界の人には無理している人と躁鬱の波のある人が
意外に多い
若いlころ楽しませていただいたものとして
ご冥福をお祈りしたい
[PR]
by italofran55 | 2013-04-30 15:42 | 医学