診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

血管性うつ病と西城秀樹さん

西城秀樹さんが脳梗塞を再発させうつ状態になり死のうとさえ思ったという

脳梗塞後うつ病というものだろう

かれは2003年 48歳の時に初回の脳梗塞を患っている
まだきわめて若いし、つねに飛び回っていた印象があるので
疲労の上に大量の汗をかき アルコールが加わると
脱水が進み 血液が濃くなり 脳梗塞の条件がそろっていたのかもしれない
実際は若い患者さんもけっこういるし ストレスによって動脈硬化は進む

そのときも構音障害、声が出なくなり
かなりなやんだらしい

脳梗塞は1回なると動脈硬化が続いて潜在的に悪化する

今回は明確にうつ状態が引き続いて起こり
また、片麻痺もあるという
大脳皮質運動野にも影響のある血管がやられているのだろう

積極的で明るい人なので
リハビリはうまくいき
仕事にも戻れると思われる
当然SSRIもふくんだうつ病の治療もしているだろう

こんご、節制していかないと
脳血管性の認知症や
動脈硬化による情動不安定に陥りやすくなる

老化とうつ状態は深い関係があるので
老化を緩やかにして行かなくてはならない
有酸素運動や、悪玉コレステロールが高ければスタチン類なども服用した方がよい

youngmenも老化とは戦わなくてはならない
同時代のスターより常識的な人に見えたが
病気は人を選ばない 
c0156217_20593451.jpg
[PR]
by italofran55 | 2012-02-26 21:01 | 医学