診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NHK  うつ 双極性障害の番組

c0156217_1245149.jpg日曜日にNHKで双極性障害の番組をしていて
患者さんが何人か不安定になっておられたので
私の感想を書いておこうと思う

うつが誤診で実は双極性障害であったという点については
そういうこともままあるし
逆に双極性障害の過剰診断もありうるとおもわれる
診断が変わって 治癒される方が多いかといわれると
そのまま薬を続ける人が多い
感情障害の患者数は増えてしまっている
そううつを示すのは双極性障害だけではないのにも注意がいる


治療については 抗うつ薬投与中に
双極性障害の治療薬である バルプロ酸やリチウムは増強療法として結構投与されていることが多い
結局 同じようなことをしていることがある
ただし それだけでは効かない場合や リチウムが全く会わない人もいる
向精神薬を追加しないと収まらないことも結構ある

そしてリチウムやバルプロ酸は新薬というよりもう何十年も前から使用されているものである

番組に出てくる劇的に改善したという患者さんに軽そう状態の可能性もあり
逆に
その場合は周期的に悪化すると思われる 

双極性障害Ⅱ型については 性格行動のそう的成分だけを聞いて医師が決定していることが多い
実際はすくなくとも4日 混合状態なしで 軽そう状態が続くことが必要であるが
確認していなかったり できないことも多い
 
これを示す疾患が パーソナリティ障害 発達障害 統合失調症圏内 にもみられうる

画期的な治療法というのにも注意が必要で
うつの場合は治療環境の整備や病気であるという自覚 休養によって
かなり改善してしまうので
プラシーボ効果がある可能性もあり
その特殊な治療法がきていたかどうかの効果判定は
実は難しい
その検証は行われているのだろうか

抗うつ薬とプラシーボのブラインド試験において
あまり差が出ないことが多いのは有名である
といって 抗うつ薬が効かないというわけではない
治療が早まるし ある場合は必須である

もうひとつ重大なのは
有る脳の部分を刺激したり 操ることにより うつ症状が改善するとあるが
たしかに、調整や脳内物質がうまく流通するようにすることは必要であるが

大事なことが見落とされている
働きたくないという潜在意識や
身体が休養を必要としているときはどうするのかという点である
その場合でもある部分の脳を刺激し続ければ悲惨な結果になり得る

やはり根本的には休養が必要であるし
おそらく新しい治療法に反応しない人は一定の割合で出てくるのではないだろうか

それから脳機能主義というか脳を操ることで症状をコントロールいくという動きにも
必要ではあろうがー不気味なことを感じてしまう

脳に関する自己啓発とでもいうのだろうか
すべてを脳が解決するわけではない

脳の局在主義がこころの問題をすべては解決はできないということについて
いままでもかなりの論争を経てきているように思われる
[PR]
by italofran55 | 2012-02-14 19:15 | 医学