診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

錦織はもう一歩走らなくてはいけないか?

c0156217_1933038.jpg





豪州オープン マリーとは残念な結果だった
松岡修造が例によって もう半歩はしれ 100%以上の力を出せ と力んでいたのだが

素人向けにしゃべっていたのだろうか?
もう半歩走る前のショットが甘いので こちらの体勢を崩されるところに打たれてしまう
走らされてしまう要因もあるとみる

彼はラリーを続けるタイプだからと マリーもいっている
プレースタイルは世界の一流に読まれて
さんざん走り回されていたのではないだろうか

世界一になるプレーヤーが拾いまくっていたという印象はない
むしろ相手を走らせる そんなふうにむけて欲しい

100%を超えた力を出せというのも

8割から9割5分くらいで十分でなかろうか
世界ランク3位までいった伝説のプレーヤー 
佐藤次郎氏は26歳の若さでマラッカ海峡に投身自殺をしてしまっている
選手生命を長く我々を楽しませて欲しい

報道にも疑問を感じる
ベスト16でやっとこさ勝ったのに
相手を撃破 と威勢がよい
 
英語で行くと defeat crush demolishらしいが
辛勝レベルと思われる しかも3勝中 2回フルセットまでやって
疲労困憊しているはずである

それなのになぜか伊達とダブルスまで出ている
おそらく スポンサーか協会側の依頼を断れなかったのではないか

マリーに歯が立たなかった試合は
己を貫いたとある
書き方がが戦争時の報道みたいである

もっと報道を、一方的な肩入れでない
深みのある内容にしてもらいたいと思う


最近 田園調布にある有名なお宅が取り壊されていた
その広大な屋敷はなかにテニスコートが2面在るということらしかった
マンションになってしまうんだろう

基本的な日本のスポーツ環境の貧しさの
象徴のように思える

錦織さんのもちろん大ファンである
日本のスポーツ報道がもっと
大人になって真に
興味のわく方向に導いて欲しいものだ
[PR]
by italofran55 | 2012-01-26 19:15 | 時の話題