診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よいお年を

私のブログを読んでくださっているかたに
お礼と 新年のご挨拶を

駄文につきあっていただきありがとうございました。
医学の進歩とともに 病気も薬剤も増えていきます

それにわたしたちがあたふた対応しているのに
実際は素朴な健康感覚が薄くなっている感じもしています

disease mongeringー疾病を作り出す という新しい現象さえうまれていると
ある 精神科の教授さえ訴え始めております

たしかに うつ病はあったとしても 抗うつ剤さえなかった時代がほとんどでした
でもこのように多かったのかなとも疑問に思います

疾病と薬剤はパラレルのようにも見えます
疾病が増えれば、対応する技術も増えていきます
より複雑化していくのです
それはやはり避け得ないことだとも思われます

もっと大事なことはいろいろな病気に自分を当てはめることではなく 健康感覚を探してみることでもあるのではないでしょうか 

それは自分の時間というkey-wordがひとつの要素でしょう

よい時間を過ごしている
時を忘れる
時間に追われている
時間のたつのが長い 苦しい
時間が早かったり遅かったりする
せっかちである いつもおくれぎみである

など時間と精神状態は意外に密接な関係を持っています

そんなこともお話ししてみましょう 

では、来年もよろしくお願いいたします。
c0156217_20411779.jpg

[PR]
by italofran55 | 2011-12-31 20:41 | 医学