診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コンクリート? セメント?

c0156217_9365630.jpg
塩原温泉の川べりでわき出る源泉が紹介されている
いい湯だなー
しかし ちょっとまてー
それを覆っている一面のコンクリートはなんだー
それしかないのか
しめっぽい、かびがはえる、ほどなくボロボロになる

ふと、サルディニア島でみた、フェニキア人の町の遺跡の跡を思い出す
紀元前800年前
エジプト中近東の文明の伝え手としての
フェニキア文化はまさに
ギリシヤ ローマ文明の先駆けを表している
ローマの遺跡のほとんどすべてがフェニキアンの町にみられる
代表的なものは公共浴場

それは地中海産の石灰岩をコンクリートで張り合わせている
集団でガイドの説明を受けていたときに
コンクリート?かと質問してもなんのことやらわからぬようである

どこぞの外人がセメントとつぶやいていた
そう セメントは石を張り合わせてたものだ


南の明るい海の面している公共浴場
もう3000年前にならんとするのに
その魅力は深く現代人をとらえる

セメントは古代からあった接着剤だ

塩原温泉や日本のそこらじゅうにみられる
耐えがたいコンクリートの建物は
日本現代のやっつけ仕事の象徴である

本来主体でない接着剤を
建築の基本剤としてしまう
しようがないけどね
ただ明治の人は西洋の真似をして
手間をかけてレンガ造りをしていた

そこには、時間をものともしない丁寧な仕事ぶり
それこそ人を感激させる何ものかが
根源的に欠如している

わたしが日本の風景に決定的に
絶望するなにかは
その丁寧さの欠如ーやっつけ仕事があるc0156217_9351184.jpgなのだろう
[PR]
by italofran55 | 2011-07-22 23:09 | 旅行