診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ドレスデンの王族

ドレスデンは旧東ドイツ 第2の都市である。
何年か前に西ドイツに併合された。
このところ世界遺産を放映するテレビで何度か放映されている

おそらく、統一ドイツが、経済的に遅れた東側の代表的な都市を復興させる目的もあるし
西側の資本も入っているのだろう。
いろいろな見所の多い都市である。

ベルリンから車で入ると、夏と狩りの離宮、サン・モーリッツ城
陶磁器で有名なマイセン アルブレヒト城
ツビンガー宮殿、財宝を集めた緑の間などの宝物殿
爆撃で破壊されその後破砕された石をくみあわせてできた
聖マリア教会

有名な王様はアウグスト2世である
マイセンにて白陶磁器を完成させ
陶磁器だけでできた城を造り
強欲であり、ポーランドの王も貴族を買収して戴冠した

そしてびっくりすることに、354人もの子供をつくったという
強精のひとでもある。
ほとんど認知しなかったというが? 

その子供たちが子孫を作り続けていれば
ドレスデンの市民はほとんど王の血を受け継いでいるのでは(笑)

肖像画を見ると目はあくまで大きく、立派な体格をしている
蹄鉄を手でねじ曲げるくらい力があったそうで 強王とのなまえもあるという

その生涯を通じた活動は、そう的であるともいえるし
てんかん性ー闘志的ともいえる

強欲であり、現世的であり、沢山の女性がすきで、利益を追求したということからは
循環性格ー躁鬱的な性向が強かったと思われる

フランスの歴史を読んでいると
モーリス・ド・ザクセンというフランスの歴史上
6人しかいなかった大元帥の一人がいて
この人が強王の一番目の子供ー庶子という

フランスに誘われて軍歴をあげているうちに
こうなったという、フランスも恐ろしく開かれているということか

この人の孫娘にジョルジョ・サンドがいる
強王の血を引いているのだ

またルイ16世も肖像を見ると眼や体格がそっくりである
母が強王の孫らしい

ヨーロッパの王族はinternationalに混じり合っているのだ

大きな、力強い目玉は優性遺伝だろうか?
日本の皇室はずっと眼が細い
さしもの雅子様でも愛子様のめはお父さん似だ

いつかとても強力なドングリ目玉の血がはいったら
アウグスト2世の子孫のように
目の大きな血統となるのだろうか

c0156217_60015.jpg

[PR]
by italofran55 | 2010-08-19 20:08 | 旅行