診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

抗うつ薬の極量投与が本当に必要か?Ⅰ

感情障害のうつに関するアルゴリズムには

初期投与からある期間を経て
効果が見られないときは

速やかに極量投与が必要とある
ただ、入院が必要な人や、自殺企画の可能性のある人
ともつけくわえてある

これには最近、いろいろな方面から危険性が指摘されている
攻撃性に関する指摘も
そのひとつであるし

セロトニン症候群に対する疑念もそうである

うつの臨床を毎日していて
極量投与が必要である状況は
そんなにない

なぜだろうか
まず外来であるーしかも病院でないー重傷な人が来ない
反応する人は適当量で改善してしまう

うつ病の軽症化もある

うつ病のsub-type 下位分類には
このところいろいろな検証がなされている

逃避型ー広瀬氏
現代型ー松波氏
未熟型ー阿部氏
職場直結型ー加藤氏
不機嫌性障害型ー樽味、神庭氏
(なぜか、東大、医科歯科系に命名が多いか)

重症化より、弱力型の性格ー状況型の分析が多いのである
むしろ薬物療法だけでは解決が遠くなっている可能性もある

うつ症状だけ捉えて
性急に抗うつ薬を急に増やしたらどうなるであろうか

いろいろな不具合が起こる可能性が高いであろう

極量投与の必要な患者さんは
わたしのところでも数パーセントしかいないだろう

むしろ危険のほうが多いと思う

院内処方で薬を出しているところは
無意識に極量を処方しやすいこともあるだろう

うつ病に対する状況的診断が
必要だと思われる
c0156217_21121171.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-06-15 21:12 | 医学