診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

疲れたときにいくところ

疲れる人が多いです、季節の変わり目で
温度の変化が意外に大きいですね

何のひょうしか精神科医をしている私も
精神疲労でしょうか、たくさん診察すると疲れますね

さいきん鬱は、脳の神経の部分的疲労の蓄積という考えが強いと
先輩である、防衛医大精神科教授の野村氏の本に出ていました
一般向けですが、さすがの内容でしたね

疲れには気分転換がいい、
人間の脳は奴隷じゃないので、変化を与えなくてはいけません

わたしの知人の一家に、教職を退官され、春から秋までは
日本海のある島で自然農法をしておられる人がいますが
冬は東京におられるそうです
自然半分都会半分の生活は、快適そうでうらやましいです

さて、わたくし、時間がないのでたまに
この季節は新緑を見に行くことがあります
長野県がいいです、標高差があるので6月くらいまで楽しめますね

今回は、八ヶ岳南面のちいさなホテルです
ご主人は、生物薬物系のベンチャーを若くして退職されて
日本的おもてなしの心を持った petit hotelを6年ほど前に
はじめたそうです
話し好きの方で、手作りのハーブの隠し味がとてもうまく効いたお料理の合間に
少しお客さんと話をするのがとても楽しい

そのころから3回ほどお邪魔したかなー
そのペンション村はとても素敵なところです
日本じゃないみたいだな
今回も新緑の中で桜がちょうど小道の沿ってずっと咲いていました

時間の流れがそこに行くと突然、日ごろの何分の一かに落ちます
いい季節にそこでゆっくりしたいですね

標高は1400m 
そこから小淵沢に下る秘密の道がありますーご主人に教わりました
ずっとまっすぐ南に標高差150m~200mくらいのくだりを
里に下りていく 見晴らしはよく 両側は高い針葉樹です

人影は見えない
とおくに 南アルプスがまだ山頂に雪を抱いて見えます
最高の夏のイメージがそこにありますね(残念ながらデジカメを忘れました)

雨の後なので霧が勢いよく上がり
きらきら光る若葉、とおくの緑の綾を思う存分楽しみました
次は自転車を走らせるのもいいかな

翌朝は、桜が散っているのと、雪のような霙が降っているので
見分けがつきませんでした

桜と雪は意外に同居するのでしょうか
偶然最近読んだ、西行という本の中に

藤原俊成、家定父子がやはり詠んでいました

またみむや交野のみ野の桜がり花の雪ちる春のあけぼの 俊成

桜色の庭の春風跡もなしとはばぞ人の雪とだにみん    定家

葉桜の我等がための散り惜しみ かわりて雪の華ぞ散りぬる ジュン

わたしのpetit ーfatigue すこしとれて
午前は南アルプスに向かって仕事が出来ましたね
c0156217_13344378.jpg
c0156217_13362751.jpg
c0156217_0231764.jpg
[PR]
by italofran55 | 2009-04-30 13:30 | 旅行