診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

神の雫 と reality

神の雫のテレビ版を見たのだが

あまりにrealityはない
逆に言うと realismでつくろうとすると
膨大なお金がかかってしまうし
亀はあわんわな

混沌や不整を日本文化の売り物にするのは
日本の現代写真家がよくやる手ではあるが

のだめカンタービレや 花より男子の一連の
テレビも、televi-watcherの ひまこき医師としては
one-patternと感じる

複製技術時代の逆を取って
ヘタウマで番組を作ろうとしているのか

ベンヤミンは複製技術時代に失われる直接性を
auraと表現した
それは てんかん用語でいえば
てんかんの前兆で個体としての人の身体が
擬似的死をむかえ大地自然に帰る感覚である

かれは現代複製技術におけるauraの喪失を概観していた

日本のテレビ状況にもauraの喪失があるのだろう

かたや われわれは
realityとvirtualityの境目の喪失の時代に生きる

virtual技術の進化により
auraは曖昧化し
c0156217_0254197.jpg
身体感覚はなくしたauraを確かめるかのように
writ-cutや無意味なmurderを呼びおこす

神の雫のreality-lossはわれらの時代の
文化状況と無縁ではない
[PR]
by italofran55 | 2009-01-16 00:23 | 時の話題