診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

軽いもの忘れ  MCIについて

若年性認知症ということばもありますが。18歳から39歳の間に発症するいわゆるボケ
軽いもの忘れに悩む人も、日本の老齢化社会とともに増えています。

わたしの実感としては、これに加えて、老齢者の癌のかたが同時に精神科にかかる
または、精神科にかかっているうちに癌にかかる方も増えています。

軽いもの忘れ、認知障害、そのことにより、日々の生活がすこしつらくなっているが
認知症までは行かない段階のことを
Mild cognitive impairement-軽度認知障害 とよんでいます。

ここにはいろいろな問題が含まれており、
逆にそのために、予防や、治療の可能性も含まれています。

認知症は現在、侵される脳の部位により
前方型ー前頭部側頭部変性症 アルコール痴呆
後頭部型ーアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症
にわけられていますが。
早めに治療したほうが、悪化が防げる可能性が高いこと

老年性のうつ病も似たような症状があり
うつ病の中にも、認知症に移行するものがあることから
これも早めに手当てしたほうがよいものがあることが言われています。

どのような場合に初期の認知症を疑うか
簡単なリストをあげて見ますと

①時間の観念がゆるくなりやすく、忘れやすい

②少し前のことを忘れやすいー昔のことは覚えている

③同じ話ばかり繰り返す

④特定の単語がすぐに出てこないことが多く
 話の脈絡がなくなり
 会話がうまくいかなくなる

などがあげられています。

予防については
肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、などの生活習慣病に対するケア

豊富な社会的交流のある生活を心がける

適当な運動や、知的刺激を伴う余暇活動
適量飲酒

食物摂取に注意し、ビタミン類などは極力
サプリメントでなく食事の中に含まれるものから取るようにする

などが推奨されます。



c0156217_1211310.jpg
c0156217_0571135.jpg

[PR]
by italofran55 | 2009-01-01 11:38 | 医学