診察室の窓から


by italofran55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いろいろな鬱

昔は うつ病は 内因性 外因性 器質性などと分けられていました。

うつ病圏の広がりにより、いろいろな名前のつけられたうつがみられるようになりました。

現代型、逃避型、職業適合型

遷延型、難治型

擬態型 9時~5時うつ病

ディスチミア親和型 非定型 などですが

素人でもわかる名前から、だんだん何を言っているかわからない
病型までありますね

環境との反応の仕方、反応するからには性格類型
あるいは、comorbidityー並存する病気 たとえば 非定型には摂食障害や過食が多く含まれることや
遷延型には診断の間違えや、そのための治療の選択ミスなどもあげられます。

簡単に鬱だからといって、横断面が同じだから
鬱の治療をすればいいう説まで出現しています。

パーキンソンとおなじだというのです
いろいろな原因はあっても治し方は同じだ
というアメリカで診断を勉強された精神科の先生いっていましたが

かなり乱暴な意見と思いました。

診断には同種性 異種性といって
一見同じ症状を示しても
違う病気のこともあります。
治し方は当然違ってくることが多いでしょう

かかっている医師によく治し方も
説明してもらうことも必要ですね。

c0156217_0581098.jpg

[PR]
by italofran55 | 2008-12-11 08:27 | 医学